クリーニング後のビニールを外したほうがいい理由が意外だった!

クリーニングから帰ってきた、洋服ってビニール袋がかかっていますよね。洋服ダンスに収納する時に、かけたままにしていますか?

ビニール袋は外した方がいいようです。

ホコリなどがかからなくていいのかと思ってかけたままにしていましたが、友人のクリーニング屋さんに言われました。

「ビニール袋は外した方がいいですよ!」

色々と理由を聞いて見たら確かにそうだなあってことを教えてもらいました。

では、どうしてビニール袋は外した方がいいのかを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

クリーニング後のビニールを外したほうがいい理由は

カビ

「すぐに外してください」と注意書きがされているクリーニングのビニール袋。

大体は100パーセントのビニールで出来たものが多いです。すぐ破れるものですね。たまに不織布のもありますがほとんどのお店がビニール袋をつかっています。

この薄いビニールをつけたままだとカビの原因になります。

ビニール袋には通気性がないのでビニールの中は空気が循環せず湿気を溜め込んでしまいす。

湿気がこもりやすくなると同時に他の衣服やカバンなどからの匂いも吸収しやすくなり変な匂いがついてしまう可能性もあります。

カビだけでしたらまたクリーニングに出せば解決しますが、衣類の色が変わってしまう場合もあります。

クリーニングの乾燥不足

また乾燥が不十分によりクリーニングの際の溶剤が残っていることがまれにあるそうです。

その不十分の状態でビニール袋にいれたままクローゼットにしまい込むと溶剤の匂いがとれなくなってしまう、袖を通したときに科学やけどを負ってしまうこともあるのです。

型崩れ

ビニール同様、ハンガーも実は一時しのぎのもので長期間の保管には適していません。

ビニールを外さないまま、ハンガーもそのままにしておくと重いコートやスーツにハンガーが負けて型崩れの原因となります。

以上のことから、ビニール袋はもちろんハンガーも帰宅後すぐに外してきちんと乾燥させた後にクローゼットにしまいましょう。

またビニール袋から出し手に取ることで他のお客さんとの受け取り間違いという可能性の有無を確認することが出来ます。

Print

クリーニング後のビニールを外さないメリットはあるのか?

短期間であればビニール袋もホコリや傷から守るという役割を果たすことが出来ます。ですがビニール袋は前述の通り結局は外す理由しかありません。

ビニール袋の他に不織布のカバーもみたことがあると思います。不織布のカバーにはビニールと違い通気性があるのでビニール袋のようなカビの問題は起こりません。

ですが、帰宅後に一度カバーを外してきちんと乾燥させてください。

通気性があるとはいえクリーニングの乾燥不足が考えられるので万が一のためです。ハンガーをかえ、再度不織布のカバーかけてクローゼットへしまってください。

片面がビニールの不織布も通気性があるので捨てずに使用して大丈夫です。

クローゼットへのしまい方

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e2%91%a0

しまいすぎない

いくらクリーニングに出して綺麗にしてもクローゼットのしまい方を間違ったら大事な服たちも台無しになってしまいます。正しいしまい方をきちんと理解し実践しましょう。

湿気は洋服の大敵。かけるだけの収納は楽ですが、服と服の間に隙間を作らないと湿気がたまりカビの原因となります。オールシーズン使わないものや、湿気に強い綿素材のものなどはしまう収納に変えましょう。

除湿剤・防虫剤の使用の仕方

除湿剤などを使う場合は収納ケースの一番下にセットします。

水分は下の方から溜まっていくからです。また除湿シートや新聞紙を敷くことも効果があります。

皮脂や汗などをかぎつけて虫はよってきます。防虫対策にはきちんと洗う、またきちんと乾燥させることが大事です。

また防虫剤を使う時にも空気が必要なのでぎゅうぎゅう詰めのクローゼットは効果を薄めるだけです。余裕もってしまうことが防虫方法としても大事です。

不織布のカバー

ビニール袋をはずしたあと、そのままクローゼットに戻したくない。

埃などが気になる。という方は不織布のカバーや除湿カバーを購入してかけるといいでしょう。

これらは100円均一でも売られています。またホームセンターや通信販売などでは複数枚を入れられるカバーも売っていますのでこれを使うと見た目もスッキリきれいになりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。良かれと思ってビニール袋をかけたままにしていたことが、逆効果だったとは、私も知りませんでした。

たまにしか着ない洋服ですので、湿気には気をつけたいものですね。

礼服やスーツにドレス…滅多に買わないものだからこそ、どれもいいお値段がする素敵なものを持っている方が多いのでないでしょうか。

クリーニングに出したあとの扱い方でその洋服の寿命は大きく変わってきます。

「長く大切に着たい」そう思われるであれば横着せずにきちんとビニール袋を外す、きちんと乾燥させる、この2点を必ず守っていただければと思います。

スポンサーリンク