十日町雪まつり2017の日程やアクセス方法!イベント内容!

スキー場としても有名な越後湯沢に近い十日町市で行われる『十日町雪まつり』は実は歴史がある雪まつりで、第1回はさっぽろ雪まつりと同じ1950年(昭和25年)になります。

この雪まつりは住民から自発的に発生したもので、雪国ならではの「雪を友とし、雪を楽しむ」という思いが膨らみ開催に至りました。

また、自治体が行う雪まつりとして、街全体で開かれるのも大きな特徴です。

その事を含め、十日町市は「現代雪まつり発祥の地」と言われています。

ここでは、その特徴的な雪まつりの説明を致します。


スポンサーリンク

十日町雪まつりの日程やアクセス方法

■Tokamachi Snow Festival

・開催場所/新潟県十日町市 市内一円

・開催期間/平成29年2月17日(金)~2月19日(日)

・開催時間/2月17日 午後6:00~19日 午後4:00

■アクセス

電車を利用の場合

「越後湯沢駅」まではJR上越新幹線を利用

・「越後湯沢駅」-北越急行ほくほく線「十日町駅」

乗用車利用

・関越自動車道「六日町I.C」約30分・「塩沢石内I.C」約30分

■臨時電車(前回は下記の臨時電車が運行されました。今回も決まり次第発表されます。)

・新潟・長岡方面

 2月20日(土)【快速】十日町雪まつり号(六日町経由、一部指定席)

・ 大宮・高崎方面

 2月20日(土)【特急】ほくほく十日町雪祭り号(大宮から直通、全車指定席)

・長野方面

 2月20日(土)・21日(日)【快速】スノーエクスプレス十日町号(全車指定席)

十日町雪まつりのイベント内容は?

十日町市全体で行われるイベントで雪像は、メイン会場はもちろんの事街のあちらこちらで見られます。

作品は3部門に分けられ、審査対象となる芸術部門、鑑賞目的の特別部門、児童・生徒の作品である児童部門です。

各作品それぞれに特徴があり、手作り感に溢れます。

十日町市は元々着物の街としても全国に知られ、祭り内でも「十日町きもの女王コンテスト」が行われます。

3名の入選者がその1年間観光大使を務めます。

他にも、雪上で行うスノーフィールドバレーの「ツマリアンボール」、雪の巨大ステージでのショーや音楽ライブ、花火が行われる「雪上カーニバル」等魅力あるイベントが毎年の様に行われています。


近くの観光スポット

%e8%90%ac%e4%bb%a3%e6%a9%8b

  水の都としても知られている新潟県。観光スポットとして有名なものの多くが水に関係しています。

その中で、代表的なものが「萬代橋」。

新潟の発展を祈って作られた橋は、萬代の「限りなく続く世」

という意味に因み名付けられました。昭和4年に出来た6つのアーチを描くこの橋は、新潟地震にも耐え市民のシンボルになっています。

米所として、また日本海に広く面した地形がグルメの街としても知られ、街のあちらこちらに美味しい店が溢れます。是非、食べ歩きもお楽しみください


まとめ

十日町市全体で行われる「十日町雪まつり」は、住民で作り上げた手作り感に溢れるものです。

市民参加のイベントも多くあり、見て楽しむだけでなく参加しても楽しめます。

旬な芸能人も多数参加しライブ等も行われ、色々な楽しみ方を味わえます。

スポンサーリンク