スマホの写真をプリントするのはどこがオススメなのか?

fotshot / Pixabay

憎たらしくも可愛いわが子。林家パー子のように写真を撮りすぎて、カメラを取り上げられた苦い過去を持つほど、写真を撮るのが好きです。

この一瞬しかない!という一瞬一瞬が高揚させます。今はこだわりのあるカメラを持つ人も多くいますが、専らスマホで写真を撮る人たちがほとんどではないでしょうか。

私もその1人です。いつでも携帯しているため、以前に増して写真点数が増えていす。

また、性能がよくなり写真が綺麗なんですよね。携帯に保存しておくと、容量も足りなくなるため、パソコンなどにうつした後、子供達がいつでも見られるようにアルバにしてあげています。


スポンサーリンク

写真のプリントはどこに頼む?

私は専らインターネットです。スマホと普通にカメラで撮った写真、両方とも一緒にインターネットでプリントを依頼します。

枚数により送料が無料になるため、数をある程度ためてから発注をかけます。私がよく使うのは「しまうまプリント」です。

テレビでも紹介されましたが、私はテレビで放映される前から使用していました!ここはよくキャンペーンをしています。初めての方だったり、100枚以上プリントの方は送料が無料になることが多いです。それに合わせて注文をかけます。

L判、5円/枚(200枚以上の場合)と破格値ですが、質がしっかりしています。10年ほど前に出力した写真も今もなお色鮮やかで劣化していません。

注文方法も簡潔です。初めにソフトをダウンロードしなければいけませんが、インストールさえしてしまえば、あとは写真データの入ったファイルを選択すれば終了です。

自分で画像を調整することも可能ですが、私は基本的にお任せです。

画像データが足りなかったりすると、画像データがたりない旨教えてくれるので、1枚無駄にすることもありません。

写真に対し、枚数を増やすことも可能ですし、トリミングすることも可能です。(トリミング:画像の不必要な部分を切り取ること)

しまうまプリント
ネットでカンタン写真プリント【Tプリント】

そして、インターネットで注文する最大のメリットは在宅しながらすべて完結することです。

注文後、2~3日するとポストに入っています。写真データで見ているのに、写真として手に取ると、いつもワクワクします。思い出が蘇るんですね。


フォトブックのすすめ

末っ子の七五三がありました。いつも写真を撮ってもらっているお店をやめ、貸切ハウスタイプ写真スタジオで写真を撮りました。

アンティーク家具や雑貨などお洒落なインテリアのある4つのスタジオと緑豊かで幻想的なガーデンがあり、撮影空間としては最高でした。

着物、洋服も貸してくれ、いつもとはまったく違った写真が撮れました。

親ばかなんでしょうね。本当に可愛いんです。

そこでお願いするとかなりの高額になると知り、自分で何とかしようと頑張りました。

これはいつものように手作り感溢れるアルバムではもったいないと思い、初めてフォトブックを作成してみました。

やはり初めてのことなので、どこに頼んでいいのかも分からず・・・ネットサーフィンしていると、カメラのキタムラでキャンペーンをしていました。

3冊目は無料!無料という言葉ってなんていい響きなんでしょう♪3人の子どもたち1人1人にフォトアルバムを作ってあげることにしました。

ここでも、やはりソフトをインストールします。

すごいなぁと思ったのですが、コンピュータが自動でより良い写真をセレクトし、大きくしたり、小さくしたりと強弱をつけてある程度、道を作ってくれます。

そこから、思い入れの高い写真に変えたり、サイズを変えたりしながら世界に1冊だけのフォトブックを子どもたちひとりひとりに作りました。

このフォトブックの出来栄えには大満足でした。お金は写真をプリントするよりもかかったけれど、プロ仕様な高級感があります。

あと一番楽チンで結果満足できるのが、カメラのキタムラなどで作成できる「シャッフルプリント」です。ある期間を決め、撮った写真を好きなサイズにランダムにプリントできます。

部屋に飾ることも、おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントすることもできます。

タイトルも入れることが出来るので、毎年選抜した写真で作成するのも楽しいです♪子どものお誕生日プレゼントと一緒に厳選した1年間の写真を毎年あげるのも粋ですね!

親の愛情を1年に1度改めて感じてくれたら、この上なく嬉しいです!



最後に

スクリーンショット 2016-06-23 17.10.42

 子どもたちに怒ることのほうが多い毎日です。でも、笑顔いっぱいの写真を見ると心が穏やかになります。

スマホの中で楽しむのもいいですが、アルバムを開いたときのドキドキ、ワクワクするあの気持ちはなんともいえません。

生意気ばかり口答えする我が子の赤ちゃん時代の横には、いつも笑っている私がいるのです。

スマホの中では保管するのも、一緒に見るのも限界があります。写真にしてアルバムを作成しましょう♪その日はきっとアルバムを見ながら、子どもと笑いあえます!!

スポンサーリンク