春堀り長芋がうまいその訳とは?通販でお取り寄せもできます!

スポンサーリンク

長芋の旬といえば秋の11月から12月が定番ですが、春掘り長芋と言って4月から5月に収穫される長芋があります。

長芋は寒い地域で栽培されますので、冬を迎える前に収穫されていました。

最近では、春掘り長芋という春に収穫される長芋にうまいということで、人気になっています。

では、なぜ春に収穫する長芋は美味しくなるのかについて、みて行きたいと思います。

スポンサーリンク

春堀り長芋がうまいその訳とは?

長芋の栽培は主に、青森県や北海道などで収穫されます。冬の間は、畑も凍ってしまうので、長芋を収穫しないと、凍ってしまいます。

そのため、全て秋に収穫していました。しかし、最近の技術の向上で凍らないで保存できるようになりました。

秋の長芋は、新鮮で完熟した旨味が特徴で、とれたても旨味があります。

春掘り長芋は、ひと冬を土の中で過ごして、旨味が凝縮されて、味に深みとコクが出て、秋の長芋とは違った旨味が味わえます。

秋に収穫された長芋も低温貯蔵庫で保存されるので、味が凝縮されるのですが、春まで土の中で育った長芋は、また違った味わいだと人気のようです。

春掘り長芋の通販でお取り寄せ

長芋の生産は、青森県と北海道で90%を占めていますが、その他には長野県と岩手県でも栽培されています。

今回の通販でのお取り寄せは、長野県の春掘り長芋の紹介です。冬の寒さに土の中で耐えて、雪解け水をたっぷり吸った、春に収穫される長芋です。

信州の長芋なので、信州蕎麦と食べるのも相性がいいかもしれませんね。

長芋の栄養とは?

長芋には色々な体には欠かせない、栄養成分が含まれています。毎日食べていれば、健康になるのは間違いないくらいの、栄養食品です。

主な栄養成分は以下の通りです。

  • 亜鉛
  • カリウム
  • 鉄などのミネラル成分
  • ビタミンB群・C等
  • アミラーゼ
  • ジャスターゼ
  • ウレアーゼ
  • オキシターゼ

等の消化酵素も含んでいます。

長芋に含まれるムチンには、細胞を活性化させる働きがあります。

ムチンは老化予防、肌荒れ、疲労回復、便秘の改善を促してくれます。

まとめ

秋だけが長芋の収穫時期だと思っていましたが、春にも収穫できるようになったのですね。今では、低温貯蔵庫の発達によって、一年中長芋が食べられるのがありがたいです。

長芋の料理もたくさんあるので、毎日食べても飽きないですね。

スーパーでも売っていますが、ぜひ産地からの直送でその土地ならではの味わいを感じてみたいものです。

贈り物にしても喜ばれるのが長芋ですね。

関連記事(広告含む)

関連記事(広告含む)



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加