オススメの日傘ランキングの紹介!人気のベスト5はこれだ!

夏の強い日差しの中を、歩くときは必要になってくる日傘。

たくさんありすぎて、どんなものを選べばいいのか迷いますよね。

日傘ならどれでもいいのかたいうと、そうではないんです。

効果に違いがあるので、きっちりと紫外線対策をしたいのであれば、

きちんとした日傘を選びましょう。

また、日傘はプレゼントとしても喜ばれますので、お母さんへのプレゼントに選んでもいいかもしれませんね。

それでは、日傘の選び方について簡単に見ていきましょう。

スポンサーリンク

日傘を選ぶ時の注意点

日傘の遮光率

遮光率99%よりも100%のものを選ぶ

たかが1%と思いますが、この差が大きいのです。

この1%の違いで、涼しさも違います。

また、この差で紫外線も通しますので、日焼けしやすくなります。

日傘の色

内側が黒いものを選ぶ

色なんかどれでも同じだろうと思っていませんか?

カラフルなものや、いろんなデザインのものがありますね。

大事なのは、表の色ではなく内側の色です。

内側は黒がオススメです。内側が黒い日傘は、地面からの照り返しを反射してくれます。

黒以外だと、地面からの照り返しで、紫外線を浴びてしまいます。

表の色は、カラフルなものを選んでも、必ず内側が黒いものを選びましょう。

日傘の生地

生地の厚いものを選ぶ

これは、必須ではないのですが、生地が厚いもの方が日差しをさえぎります。

しかし、重いのと値段が高くなるので、これは自己判断です。

やっぱり大事なのは、遮光率100%と内側が黒いものを選ぶことです。

オススメの日傘ランキングベスト5

第5位

clausius 折りたたみ日傘 980円

桜のデザインがおしゃれな、折りたたみ日傘です。

遮光率100%です。晴雨兼用なので、急な雨の日でも使えます。

6月の雨の日の紫外線の量は、12月に比べると2倍になるので、雨の日でも遮光率100%の傘を使った方がいいようです。

値段が安いのも、オススメです。

第4位

 
 
第3位
ロサブラン完全遮光日傘 11340円
 
この日傘のコピーが「本気でシミを作りたくない方へ」です。
遮光率が100%でない日傘では、シミができる確率がグッと上がるようです。
 
おしゃれなデザインがミセスに人気の日傘です。
ロサブランの日傘は、健康のために使うというコンセプトなので、ただの日よけの傘ではないのです。
ロサブランの日傘で、本気でシミを作らないという体験をして見ませんか?
 
 
第2位
シノワズリーモダン日傘 完全遮光 かわず張り 4698円
 
毎年人気で売り切れてしまうほどです。
特殊二重張り製法で作られているので、完全遮光で紫外線を通しません。
デザインもこれまでには、日傘にはなかったエレガントなデザインも人気の一つです。
 
晴雨兼用タイプなので、突然の雨にも対応しますので、安心です。
持ち手が木製の優しい肌触りで、疲れづらくなっています。
 
 
第1位
 完全遮光100%!24本骨傘 日傘 2376円
完全遮光なのは当然ですが、24本の骨組みで8本の傘に比べて、丈夫にできています。
また、晴雨兼用なので、雨の日でも安心して使えます。
 
なんとこの傘は、超撥水テフロン加工なので、すぐに水滴を落としてくれます。
6月の雨の日でも紫外線が12月の2倍なので、雨の日も完全遮光の傘を使うことをお勧めします。
また、この傘はシンプルなデザインなので、ご主人が雨の日に使うことができるのも嬉しいですね。こんな傘は一家に一本あると便利です。
 
 

まとめ

いががでしたでしょうか。

日傘選びも何が大事なのかを知ってから、選ぶと選びやすくなると思います。

目的は、紫外線対策ですので、値段やデザインだけでは選べないですね。

ロサブランの「本気でシミを作りたくない方へ」というコピーのように、日傘をさす目的はシミを作らないため!

そのために、どんな日傘を選ぶべきかが見えてきますね。

このランキングはあくまでも参考程度にして、見てください。

ランキングというものは常に変動していますので、ここで紹介したものは、この時だけの順位ですので、あくまでもご参考に!

いい日傘と出会えますように!

スポンサーリンク