生クリームのみのシュークリームのカロリーは動物性と植物性で違うの?

美味しいスイーツはさまざまありますが、シュークリームはとても人気がありますよね。

カスタードやチョコクリーム、生クリームと味はいろいろです。一番人気のクリームは何だかご存知でしょうか。

どれをとっても美味しいことに変わりはありませんが、気になるのはやはり、カロリー。

シュークリームに使われるクリームを、生クリームのみにした場合、総カロリーはどうなるでしょうか。

シュークリームに含まれる栄養素などとともに紹介していきます。

スポンサーリンク

生クリームのみのシュークリームのカロリーはどれくらい?

定番の味は、カスタードですが、お店では生クリームのみも販売されています。生クリーム自体は、高カロリーなイメージがありますが、シュー生地と生クリームの組み合わせになったとき、総カロリーはどのように変化するのでしょうか。

お互いを分解して見ていきましょう。

・シュークリームはカロリー控えめ

シュー生地は中身が空洞です。ふわふわしたものや、さくさくしたものなど、生地もさまざまありますが、薄い素材のものがほとんど。

これは、使用されている小麦粉や砂糖の分量も、少ないことを表しています。

その他のスポンジケーキなどは、生地の面積も多く、その分砂糖やシロップなどの甘味が、かなりたくさん使用されていることを示しています。

なので他のスイーツなどに比べると、シュークリーム生地のカロリーは控えめでしょう。

一方の生クリームは、それだけでも、結構カロリーは高いです。ダイエットの最中には控えたい食品でもあります。

ですが、食べ方さえコントロールできれば、カロリーを最小限に抑えることができますよ。

生クリームには、動物性と植物性とがありますね。2種類あるクリームの特徴や栄養分などを見ていきます。

・生クリーム(動物性)

【カロリー】

100グラムあたり433キロカロリー

【栄養素】

カルシウムが多く含まれています。

生クリーム自体には、マグネシウムも含まれているため、カルシウムの吸収率を高めてくれる役割も果たしてくれます。

また、ビタミンAやビタミンB2といった、身体の新陳代謝を促してくれる栄養素もたくさん含まれています。

・生クリーム(植物性)

【カロリー】

100グラムあたり392キロカロリー

【栄養素】

脂質やタンパク質といった、身体のエネルギーに必要な栄養素がたくさん含まれています。

特にタンパク質は、動物性クリームのおよそ3倍も。

また、人体にもともと含まれている、リンも動物性クリームに比べ、多く含まれています。カルシウムやマグネシウムとともに、身体のエネルギーを生成したり、丈夫な骨や歯を形成するために必要な栄養素です。

一口に生クリームと言っても、動物性と植物性で、含まれているカロリーにも多少ですが違いが生まれます。

ご飯一杯分のカロリーがおよそ168キロカロリーとしても、どちらも低い数値とは言えませんが、両方を比較すると、植物性のほうが若干カロリーは控えめ。

カスタードには牛乳が含まれていますよね。

もちろんカスタードクリームもカルシウムが豊富です。一方で生クリームの方でも、カルシウムが豊富に含まれます。

カルシウムは人間の身体には必要不可欠な栄養素です。生クリームは確かにカロリーは高いけれども、食べ過ぎなければ、身体にはよいのです。

シュークリームの名前の由来とは?どんな意味が込められている?

北海道とろとろシューの紹介

普通に食べても美味しいシュークリームですが、贅沢素材を使用した、2通りの食べ方が堪能できる、北海道とろとろシューをご存知でしょうか。

とろける濃厚クリームは、やみつきになること間違いなしです。おすすめの点など以下にまとめました。

・濃厚ミルク

シュークリームの中身に詰まったクリームは、北海道産の生乳をたっぷり使用した、オリジナルブレンド。

濃厚でコクのある風味で、しつこさはなく、まろやかな優しい味わいです。

食感はさっぱりとして、たくさん食べても飽きのこない後味です。

・自家製カスタード

カスタードは熱の通し方の加減で、味が左右されるため、調理がとてもむずかしいものです。

北海道とろとろシューのクリームは、特別な銅窯で丹念に炊き上げて作られています。上質な品質を保つために、一度に大量に仕込みされることはなく、材料も、北海道産の小麦や、厳選した卵、低温殺菌された牛乳を使用。

丁寧に作られたこの自家製カスタードと、北海道産の生クリームをブレンドして、いままでにない、ミルク感が濃厚なクリームを実現しています。

・半解凍

夏の暑い時期などは、冷たい食べ物が欲しくなりますよね。

北海道とろとろシューを少し解凍していただきましょう。

クリームが濃厚なので、アイスのような食感が味わえます。

暑い時期には嬉しい、冷たいのどごしです。

・全解凍

冷たい口当たりもよいですが、常温でいただくとさらに、濃厚なミルク感が引き立ちます。

優しい風味と、飽きのこない贅沢な味わいは、強いミルクテイストならではの豊かさです。

味もさることながら、上品な見た目も、スイーツ好きにきっと喜ばれる、贅沢なシュークリーム、北海道とろとろシュー。

普段頑張っている、自分へのご褒美として、また、大切な方への贈り物としてもおすすめです。

まとめ

シュー生地と生クリームは相性抜群だった!

生クリームも食べ過ぎなければ、カルシウムやその他たくさんの栄養素も含まれていて、わたしたちの健康に役立ってくれる、とても優秀な食べ物です。

ダイエット中の方なら、カロリーを気にして敬遠しがちでも、それほどカロリーを気にしないでよいことがわかれば、いままでよりもっと罪悪感なく、

おいしいシュークリームを味わえるようになります。

シュークリームの糖質はどれくらい?カロリーは他のケーキより低い?

関連記事(広告含む)

関連記事(広告含む)



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加