シュークリームの糖質はどれくらい?カロリーは他のケーキより低い?

スイーツといえばなにを一番最初に思い浮かべるでしょうか。

ケーキやドーナツなど、どれも美味しいけれど、気になるのはやはり、カロリーですよね。

皆さんは、シュークリームのカロリーをご存知でしょうか。ダイエットには糖質制限コントロールが重要です。

それぞれのスイーツが持つ、カロリーや糖質を事前に知ることで、ダイエットにはもちろん、健康にも役立ちます。

おすすめのシュークリームや糖質など紹介していきます。

スポンサーリンク

シュークリームの糖質やカロリーはどれくらいあるのか?

シュークリームは数あるスイーツの中でも、最も太りにくいとされている、低カロリーなスイーツなのをご存知でしょうか。

それは、スイーツによく代表されるスポンジ生地が、極めて少ないことが理由にあげられます。

ケーキやその他のスポンジ生地が使用されたスイーツには、甘さを引き立たせるために、かなりたっぷりのシロップが塗り込んであります。

それだけではなく、スポンジ生地を焼くとき、大量の砂糖を使いますよね。

これでは、糖質もカロリーもかなり跳ね上がってしまいます。

シュークリームは生地も薄く、サイズや硬さも選べるため、スイーツの楽しみも味わえつつ、カロリーコントロールも容易なところが嬉しいところ。

一般的なシュークリームの糖質やカロリーなどを、以下にまとめました。

・カロリー

1個250キロカロリーから300キロカロリーです。

シュークリームの大きさでも多少カロリーは変化してきますが、ケーキで小さいサイズのものでも、250キロカロリーを超てしまいます。

普通サイズなら、350キロカロリーから500キロカロリーも。

ケーキと比べてみると、比較的カロリーは控えめです。

甘いものが欲しくなったら、迷わずシュークリームに置き換えましょう。

・糖質

1個おおよそ18グラムから25グラムです。

これは、スイーツならば、平均的な数字でしょう。

スポンジケーキなどは、28グラムから、多いものだと、50グラムほどもあるものも。

ダイエットに奮闘している方にとっては、決して低い数値とはいえないものも、ケーキ1個を食べてしまうくらいなら、小ぶりなシュークリームを数個食べたほうが、いくらかマシになります。

満足感も得られるので食べ過ぎも防ぐことができるでしょう。

コンビニのおすすめシュークリームの紹介

スイーツは今では、どこでも販売されているため、気軽に誰でも購入できるようになりました。

価格も、専門店で購入するよりも、コンビニなどで、リーズナブルに購入することができます。

また、カップサイズや1個など、さまざまなサイズで販売されていて、大きさや分量も自分でコントロールできるところがよいですね。

シュークリームが販売されている、おすすめのコンビニを見ていきましょう。

・セブンイレブン

THEセブンシュー】

価格130円(税込み)

カロリー240キロカロリー

シンプルなパッケージが印象的です。重さは97グラムと結構重め。カスタードクリームが細部まで詰まっていて、濃厚な味わいです。

こちらもおすすめ

セブンイレブンの「クッキー&クリームもこ」の食リポ!コンビニスイーツはコスパ最強!

・ファミリーマート

【大きなカスタード&ホイップシュー】

価格138円(税込み)

カロリー294キロカロリー

生地に厚みがあるため、1個だけでも、満足感があります。

2種類入ったクリームが魅力。カスタードとホイップの両方を味わえます。

・ミニストップ

【カスタードシュークリーム】

価格110円(税込み)

カロリー238キロカロリー

かなり甘さが強いです。クリームは柔らかく、さっぱりとした風味で、意外とカロリーも控えめです。

・ローソン

【ザクザクチョコシュー】

価格195円(税込み)

カロリー292キロカロリー

表面も中身もザクザクとした食感。クッキー生地で、表面がチョコレートでコーティングされています。

クリームもカカオニブ入りのチョコクリーム。チョコレート好きな方におすすめです。

楽天で人気の低糖質のシュークリームの紹介

店頭で実際にシュークリームを見て選ぶのも楽しいですが、今ではネット販売も充実した品揃えです。

楽天で販売されている、低糖質シュークリーム(カスタード)がおすすめです。

以下に商品の特徴など紹介いたします。

・プロご用達カスタードクリームメーカーとの協力

全ての工程をこだわりぬいた特別なシュークリーム。

一番のこだわりは、プロが製造した本格的カスタードクリームです。新鮮な牛乳、卵、バニラに至るまで、こだわりの材料を使用しています。低糖質でも、通常と変わらない濃厚なクリームが魅力です。

・大豆粉

通常の小麦粉と比べて、糖質が低い大豆粉を使用してつくられた生地は、さくさくと口どけのよい食感です。

また、栄養価も高く糖質も極限まで抑えられています。味も、プレーンとチョコ、カスタードと選べます。

どれも低糖質でカロリー控えめ。糖質やカロリーも一般で販売されているものと比べて、およそ79パーセントもカット。

かなり控えめなので、お土産としても重宝します。

まとめ

シュークリームはカロリー控えめなスイーツだった!

量よりも質を大切にすれば、今までよりももっと罪悪感なく、スイーツを堪能することができます。

低カロリーなスイーツはお土産や、普段のおやつとしても心強い味方です。皆さんもぜひ、おやつにこだわって、自分だけの特別なシュークリームを探してみてください。

シュークリームの名前の由来とは?どんな意味が込められている?

関連記事(広告含む)

関連記事(広告含む)



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加