夏に炊飯器の予約で炊くご飯は雑菌が繁殖して危険な訳とは?

朝の忙しい時間に、お米を研いでご飯を炊くのって大変ですよね。前の晩にお米を研いで水をセットして、朝起きたらご飯が炊けてる!これが楽でいいですよね。

冬場はそれでもいいのですが、梅雨時から秋の涼しくなる前までは、よくないようですよ。

えっ!そんなこと言われても忙しいし、おかずを作るのに時間がかかるんですけど!って聞こえてきそうですね。

夏場の常温で一晩水につけておくと、雑菌が繁殖して危険なのです。

では、なぜ夏場は前の晩にお米に水を張って一晩おくのがよくないのかを見ていきたいと思います。また、忙しい方はどうすればいいのかも見ていきたいと思いますので、お付き合いください。

 

スポンサーリンク

夏場に前の晩に水に浸しておくのがダメな理由は?

通年、良くないというわけではなく気温が上がる夏は良くないのだそうです。暑い気温は水をも腐らせてしまうことがあり、密閉された炊飯器の中といえども雑菌が繁殖してしまうことがあります。

良かれと思って浄水器の水を炊飯に利用している場合は、逆に水に塩素が含まれていないため繁殖率が高まってしまっています。

炊飯器内の雑菌が増えるのは中の温度が18度を超えて、4時間ほど時間がたった頃です。夜の予約炊飯は雑菌を増やしてしまうのです。

雑菌が繁殖してしまった水で炊いたご飯は、嫌な匂いがすることがあります。せっかくのお弁当も台無しですね。

それでは、夏場のご飯を美味しく雑菌が出ないように炊くにはどうすればいいのでしょうか?

夏場のご飯の炊き方はどうすればいいのか?

しかしながら予約炊飯が出来ないというのは不便です。朝の弱い方には本当に困った話です。でも繁殖を防ぎながら、美味しいご飯を予約炊飯する方法はあります。

①氷を入れる

氷を入れる目的は水の温度をなるべく上げないためです。お米を研いで、水を入れる前に氷を入れます。

氷なので解けたとしても水の量は減らないので、いつも通りの水加減で水を入れて予約開始です。氷は溶けにくさを考えてなるべく大きい方が良いです。

氷を入れることで雑菌の繁殖を防ぐと同時に、冷たい水をお米に吸わせることでお米の甘みを引き出すことが出来ます。モチモチで甘いお米で炊き上がります。

②梅干しを入れる

夏のお弁当の殺菌効果のために梅干しはよく使われますが、炊飯にも梅干しは使えます。梅干しに含まれるクエン酸に殺菌効果があるのですが、いつも通り用意したお米の真ん中に梅干しをひとつ置くだけで雑菌の繁殖を防ぐことが出来ます。

不思議なことに炊き上がったお米に梅干しの酸っぱさなどは残りません。梅干し以外には殺菌効果のある生姜の千切りなども一緒にいれると効果があります。そのまま混ぜて炊き込みご飯にしてしまうのもオススメです。

 

③放置時間が10時間を超えるようなら炊かない

あまり長い時間水に浸しておくといくら殺菌効果が期待できる上記の方法でも負けてしまい、雑菌の繁殖を許してしまいます。お米が水に浸かる時間が10時間を超えるようならば予約炊飯は諦めましょう。

④セットした米とお釜を冷蔵庫に入れる

研いだ米に水をセットして、ラップをして冷蔵庫に入れる。

これは、予約ではなく朝起きたらご飯が炊けていたということにはなりませんが、朝起きたらすぐに、早炊きで炊く必要があります。冷蔵庫の低い温度に一晩使ったお米は美味しく炊けます。

最近の炊飯器は優秀なので、早炊きでも美味しく炊けますね。

ご飯の冷凍の仕方

予約炊飯が出来ないとなったらやはり冷凍保存が必要になってきます。美味しく冷凍できれば、朝は電子レンジでチンするだけなので、手間がかからずに楽ですね。

ご飯は劣化が早く、基本的に冷蔵保存には向いていないので、冷凍保存がおすすめです。

特に夏は、食中毒を引き起こす可能性があります。ちなみに炊飯器での保温も長時間行うと雑菌が繁殖を始めます。

夏は特に危ない長くても3時間が美味しくお米を楽しめると覚えておきましょう。3時間を過ぎれば雑菌の繁殖の可能性が上がり、味も落ち始めます。

さて、本題の冷凍保存です。お米の冷凍保存は1か月持ちます。一気にたくさん炊いて冷凍庫に保管しておくと色んな面で便利です。

冷凍する際には熱いうちにお茶碗一杯分を熱いままラップにくるみます。熱い状態というのが意外ですが、こうすることで解凍してもふっくらしたお米を楽しめます。

ラップにくるんだお米はなるべく平らにして、粗熱が冷めたら冷凍庫に入れます。冷凍庫に入れる際にはフリーザパックなどに入れた方が衛生面がさらに良くなります。

キチントさんでご飯を冷凍保存すれば便利です。繰り返し使えるのもいいですね。

 

 

 

 

最後に

やっぱり日本人の大好きなお米ですから、美味しく食べたいですね。しかし、朝の忙しい時間にお米を研いでから、炊いていたら時間がかかりますから、どうしても予約で炊きたいものです。

こんな電気製品の進化した時代ですから、利用したいですもんね。でも、食べ物ですから季節に合わせて、適切に作りたいですね。

夏の食事って気にすることがたくさんあって困ります。自分だけならいいかと思うことも家族や他の人にも振る舞うとなるとこれはいいのか?これは大丈夫か?と不安になってしまいます。夏に入る前に、夏の食事・保存方法、見直しておいた方が良いですね。

スポンサーリンク