ひたち海浜公園のネモフィラの時期は?混雑時の交通手段の裏技!

スポンサーリンク

秋に種をまいて、春に花を咲かせる「ネモフィラ」。草丈は10~20センチと高くなく横に広がり、満開時には株を覆うくらいの花をつける迫力さ。色は爽やかな青色から白、濃い紫などが主流。

 

花言葉は「可憐」「どこでも成功」「あなたを許す」

 

かわいらしい花が特徴的、育てるのは難しくなくその咲き方から、花壇などによく植えられます。一度は目にしたことが必ずあるでしょう。そんなネモフィラを、ひたち海浜公園で見て見ませんか?

初めての方は、その綺麗さと広さに驚かれます。一生に一度は見て見たい、絶景の一つです。

スポンサーリンク

ひたち海浜公園のネモフィラの見られる時期は?

日本一のネモフィラの畑として海外でも有名な、茨城県ひたち海浜公園の「みはらしの丘」。一面に広がる450万本の可憐な青は「青の絶景」「空と繋がる丘」と表現されるほど。

快晴の日に訪れた時には360度すべてが青く染まって、空中散歩をしているような気持になるかもしれませんね。

 

このネモフィラが咲き誇るみはらしの丘は「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも選ばれています。

そんな「青の絶景」が見られるのはちょうどゴールデンウイークにあたる頃です。4月下旬から5月中旬で開花見ごろの期間中は毎日開園しています。青は癒しの色、仕事や勉強で疲れた心や体をネモフィラで癒されてはどうでしょう?

混雑状況やアクセス情報は?混雑時の裏技案内!

ゴールデンウィークはかなりの混雑ですので、7時30分から入れるので、早めに行くか15時ごろに行くようにすると入りやすいです。

茨城県ひたちなか市 「ひたち海浜公園」入園料

大人料金  410円

65歳以上 210円

15歳未満 80円

6歳未満  無料

開園時間 9時半~17時

5月5日は15歳以下が無料になります。なので、かなりの混雑です。

<車>

駐車料金:1台500円

ネモフィラの開花時期はゴールデンウイークと重なるため、期間中は園内も途中の道路、駐車場は大変混雑します。

ゴールデンウィークの午前9時ごろには、駐車場に入るための渋滞が始まります。高速のインターを降りるのも、混雑するので事前に渋滞状況は調べた方がいいでしょう。

車で行かれる場合は朝早い時間を狙うと、駐車場も道路も混雑を避けることが出来るでしょう。

「ひたちなかIC」「常陸那珂港IC」から「西駐車場」へ向かうとネモフィラが見られるみはらしの丘に向かいやすいです。

混雑時にはひたち海浜公園のホームページに載っている迂回ルートを確認するといいでしょう。

駐車場案内

あまりにも交通渋滞がすごいときは、勝田駅前の有料駐車場に停めてバスで行くのもおすすめです。駐車場は1日600円から800円です。バスは約20分前後でつきます。

 

<バス>

勝田駅からひたち海浜公園 20分

料金:大人400円 小人200円

阿字ヶ浦駅からひたち海浜公園 10分

料金:無料

 

注意:ゴールデンウィークの混雑時は、ひたち海浜公園から勝田駅までのバスに2時間ぐらい並ぶことがあります。

そんな時は、ジョイフル本田西停留所から勝田駅までのバスがあります。値段も時間も同じです。この停留所の場所は、TOHOシネマズの前の道路にあります。

<電車>

電車の場合はまずJR常磐線、勝田駅に向かいます。そこから電車で向かう場合は、ひたちなか海浜鉄道に乗り換えて阿字ヶ浦駅まで30分下車しスマイルあおぞらバスで海浜公園に向かいます(約10分)。

阿字ヶ浦駅からは徒歩20分でひたち海浜公園につきます。最初からバスで向かう場合は勝田駅から茨城交通バスで真っすぐ海浜公園に向かいます(約20分)。

電車、バスの案内

ちなみに、ひたち海浜鉄道は阿字ヶ浦駅からひたち海浜公園まで、線路を繋げるようです。開通予定は、2024年です。これで、電車の方は便利になりますね。

ひたち海浜公園の楽しみ方

ひたち海浜公園は1年中草花を楽しむことが出来ます。

3月はスイセン、

4月はチューリップ、

5月はネモフィラ

7月はジニアやヒマワリ、水場もあるので夏休みの家族連れで賑わいます。

9月はみはらしの丘はコキアの赤で染まります。

丘のふもとでは秋らしいコスモス。

冬はアイスチューリップやウメのほか、体験などのイベントが盛りだくさんで訪れる人は1年中跡が立ちません。ネモフィラが満開の頃にはレンタルサイクルが用意されています。

普通の自転車のほか、電動アシスト付自転車、ペットと一緒に乗れる自転車、夫婦で乗れる二人乗り自転車など台数に限りはありますが、広い園内を楽しむには便利です。

もちろん自転車の持ち込みもOKです。サイクリングコースには自転車でしか見られない風景もあるそうです。また園内には小さな遊園地があり、観覧車やジェットコースターもあります。BMXコース連盟公認BMXコースもあります。

また、夏休み中には地面から噴水が出る遊び場もあり、小さいお子さんが安心して水遊びができます。入園料だけで楽しめますから、お弁当持参で節約できますね。

小さいお子さんから大人、老人まで楽しめるひたち海浜公園の魅力はここでは紹介しきれないほどたくさんです。

最後に

今年のゴールデンウイークはひたち海浜公園のネモフィラを見に行きましょう。

きっと癒されると同時にひたち海浜公園の魅力に気づいて、また行きたくなるはず。

期間中でも思う存分楽しみたいのであれば、出来る限り早めにお家を出て花と空の絶景、ネモフィラのみはらしの丘をゆっくりと堪能してください。ゴールデンウィークの混雑は半端じゃないぐらい、すごい人ですので事前に調べることが大事になってきます。

 

[ 4K Ultra HD ] 青い絶景 ひたち海浜公園のネモフィラ – Nemophila Hills at Hitachi Seaside Park –

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加