ショートスキーは初心者でも簡単に始められます。板の選び方とは?

初心者の方で、スキーやろうかスノーボードやろうか迷っているなら、

ショートスキーがオススメです。

ショートスキーで、雪の上をすべることに慣れてから、スキーかスノーボードに転向してもいいでしょう。

ショートスキーは始めやすさがとてもいいです。

道具も比較的安いし、コンパクトなので持ち運びが楽なことも、初心者の方にはいいですね。

また、滑り方も板が短いので簡単です。

それでは、そんな初心者の方のショートスキーの靴の選び方や、板の選び方を見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

初心者のためのショートスキーの解説

ショートスキーとは規定が決められている訳ではありませんが、一般的に長さ70センチから130センチの長さが短いスキーのことを言います。

日本ではショートスキーという呼び方の他に「ファンスキー」「スキーボード」という呼ばれ方をしています。

ショートスキーの良いところは長さが短いために、小回りが利いて操作が通常のスキーよりも簡単で上達しやすいというところです。

スキーというよりもスケートに近い感覚で一般的にストック無しで滑ります。

ストックがないことから自由なフォームで滑る事が出来、スキーにはない楽しさを開拓出来ます。

なによりの利点は小さいので持ち運びも楽ということ。

肩にかつぐことも容易なショートスキーはいつでも持ち運びが簡単、滑りたいけれど移動が重くて億劫だなと、ウィンタースポーツから遠ざかっているのならば、その悩みをショートスキーは解消してくれますよ。

ショートスキーの板やブーツの選び方

初心者にオススメの板は長さ100センチ・柔軟性(フレックス)がソフトなもの。

前後の先が太すぎず真中は細すぎないものです。

この形が板が短くても操作性が高くて転んでも起き上がりやすい設計になっています。

ショートスキーは転んだ際に他のスノースポーツに比べて怪我をしやすいというデメリットがあるためまずはこの形でコツを掴むといいです。

転んだときは意識して、背中で滑るようにしてください。

ショートスキーの板を上に上げる感じです。

ショートスキーと体でゴロゴロと転がると怪我をしやすいです。

 

  • ビンディングについて解説します。

100センチ以下のショートスキーの場合は、クリップタイプのビンディングをつけられます。

クリップタイプのビンディングを使う時は、必ず流れどめをつける必要があります。

流れどめとは、スノーボードでも必ずつけますが、板が勝手に滑っていかないように、足に固定するヒモのよなものです。

ショートスキーのクリップタイプのビィンデンングは転んでも簡単に外れることはありません。

そのために怪我率が多いと言われています。

なので、初心者の方はスキーの板と同じセーフティビンディングがオススメです。

セーフティビンディングは転ぶと自動的に板が外れて、ストッパーがあるので板が滑っていくことはありません。

なので、流れどめをつける必要がないのです。

また、斜面で転んだときに板を履くのが楽なのが、セーフティビンディングの特徴です。

ブーツは基本的にスキーで使用しているハードブーツで大丈夫です。

以前にウィンタースポーツを行っていたら同じものを使えるというのは嬉しいですね。

重心は親指の付け根を意識するといいです。



滑り方は基本的にはスキーと同じです。

ゆるやかな坂から始めて左右の重心を変えながら、ターンを繰り返し、止まる際には板を両足で八の字にして踏みこむと止まります。

慣れないようでしたらストックを使います。

ストックを使ったらショートスキーじゃない、ということではないのでストックを使うのは問題ないです。

ターンやストップのコツを掴んだら角度のある場所にチャレンジしましょう。

板の長さを変えなければ初心者でも上級者コースに1日目でチャレンジすることも出来ますよ

 

ショートスキーで滑っている方の動画を見つけました。

ストック無しで軽快に滑っています。楽ししそうですね。

【爽快ショートスキー2015 in 福井和泉スキー場】

まとめ

ビンディング選び

100センチ以下のショートスキーはクリップタイプのビンディングが使える

初心者の方のショートスキーはセーフティタイプのビンディングがオススメ

クリップタイプのビンディングは比較的、安いので購入しやすいところがいいですね。

しかし、安全面や履きやすさを考えると、セーフティタイプのビンディングがオススメです。

 

クリップタイプのビンディングのショートスキー:約1万円前後

セーフティタイプのビンディングのショートスキー:約2万円前後

 

スキーやスノーボードは楽しいけれど、その荷物がかさ張るし重いし、車に積むにも大変というデメリットがありました。

スキー板でしたら、屋根の上にスキーキャリアをつけなければならないので、手間でしたがその手間が省けます。

ショートスキーは身長に関係ないので、家族みんなで使えます。

クリップタイプのビンディングなら、靴のサイズが22センチから30センチまで使えます。

中高生のお子さんや、ご夫婦でも使えますね。でも、一緒に滑るときはそれぞれに購入ですが。

その辺も気軽でいいですね。

ショートスキーでしたら持ち運びは簡単、購入するにも1万円の値段のものから購入することも出来ますし、今はスキー場でもレンタルで扱っています。

今年の冬は是非ショートスキーの楽しさにハマってみてください。

スポンサーリンク