そもそも日傘をさすと紫外線対策になっているのか?効果はあるの?

スポンサーリンク

日差しが強くなり、温かくなってくると過ごす分には嬉しいですが、紫外線などのお肌のダメージが気になってきます。

日傘をさす人もよく見かけるようになりました。

店頭でもおしゃれな日傘や、雨の日でも使える日傘など様々販売されています。

日傘を購入する時、すごく迷いますよね。

今は黒い日傘だけでなく、色とりどりあってどんな日傘が本当に効果があるのか、さっぱり分かりません。

結局購入した後に「黒は駄目だよ」「白は駄目だよ」など言われ、今でも正しい日傘の選び方が分からず、購入したものもほとんど使用していない、ただの雨の日用の折り畳み傘になっています。

そんな疑問から、日傘について調べて見ました。

スポンサーリンク

そもそも日傘をさすと紫外線対策になっているのか?

そもそも、日傘は本当に紫外線を防いでくれているのでしょうか。

調べてみるとなんと普通の雨天の日に使用している傘でも「紫外線対策は出来ている」のだそうです。

雨傘で紫外線対策になるのは、黒い傘だけですよ。透明な傘では、当然無理です。

傘には通常撥水加工のために、フッ素系の薬剤が施されています。

この薬剤に紫外線をカットする効果が含まれているそうです。

そのため雨天の日に使用している傘でも、紫外線は90%とほとんど防ぐことが出来ているのです。

紫外線を防いでいると説明しましたが90%、残り10%はダメージを受けています。

紫外線というのは1%でも受けるとダメージを受けていると考えた方がいいでしょう。

つまり紫外線は100%防がなければいけないのです。

と、なると日傘はどうなのでしょうか。

最近作られている日傘は100%防いでいると言って大丈夫です。

でも一応購入するときは「UVカット加工・素材」と書かれているものや「100%カット」など書かれているものを選ぶようにしましょう。

さて、そんな優秀な日傘でも地面からの、照り返しによる紫外線は防ぐことが出来ません。

下からの紫外線を防ぐためには「黒い日傘」を選びましょう。

明るい色は更に反射をして体へのダメージを増やしてしまいます。

黒だったら紫外線を吸収してカットすることが可能です。または遮光性の強い素材を使用しているものを選ぶ必要があります。

日傘選びで迷った時は、こちらを参考にして見てください!

関連記事:オススメの日傘ランキングの紹介!人気のベスト5はこれだ!

日傘の紫外線対策の効果は何年ぐらいあるのか?

日傘にも有効期限があります。

「UVカット加工」の日傘の寿命は2~3年の数年です。

UVカット加工なので薬剤を布地にふきかけているため、布が摩擦したりする刺激により徐々に効果が薄れていきます。

しかし「UVカット素材」のものは、布そのものに効果が組み込まれているため破れてしまわない限り効果はなくなりません。

値段は「UVカット加工」のものよりは高いですが長く使えると考えれば経済的ですね。

日傘の紫外線対策の効果を復活させるには?

日傘にも有効期限がある、でも傘に高いお金はかけたくないと思われる方もいるでしょう。

日傘のデザインが気に入っていて手放したくないという時もあると思います。

そういう時は自分で効果を復活させてしまえばいいのです。

方法は簡単で「UVカットスプレー(布用)」を定期的に吹きかけるだけです。

本来は洋服や鞄などに使用しますが傘にも使うことが出来ます。

衣類用UVカットのスプレーでも大丈夫です。

しかし100%復活するかと聞かれると正直言って大丈夫とは言えません。

効果を確実なものにするために定期的に傘に吹きかけましょう。

最後に

私の購入した日傘は安くて表裏、両方白のレース。

日傘の白は黒よりも見た目も体感も涼しいというだけで、紫外線対策には向いていませんでした。

100%UVカット出来ている加工なのか素材なのかも分からないです。

今年は買い替えを検討したいと思います…。

皆さんが使用している日傘は大丈夫ですか?お気に入りの日傘に出会えますように。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加