初めてのコンタクトレンズの選び方!ソフトとハードはどっちがいいのか?

私はメガネ購入が決まったと同時に、コンタクトレンズデビューしたため目の中にレンズを入れるということに違和感がありませんでした。

でも今まで矯正は必要なかった、ずっとメガネで過ごしていたという人にコンタクトレンズを進めると大体「怖い」「目の中に入れるなんて」といった答えが…

確かに、抵抗があるのは使っている自分でも理解できます。

スポンサーリンク

初めてのコンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズには大きく分けて2つの種類があります。

「ソフトコンタクトレンズ」と「ハードコンタクトレンズ」です。

「ソフトコンタクトレンズ」

ソフトは水を含んだ柔らかい素材で出来ていることが特徴です。

大きさは黒目を覆うくらい、カラーコンタクトの大きさといえば想像しやすいでしょうか。

大きいため瞳にフィットしやすく、コンタクト装着の違和感はほとんどありません。

しかし水分が蒸発して乾燥しやすく瞳が渇きやすいです。目薬などで水分を補給しないと傷や眼球の水分不足などに繋がるため気をつける必要があります。

この乾燥や傷に弱いこと、酸素を通しにくい素材であることから、長時間の装着には向いていません。

またハードコンタクトと違ってレンズに表裏があるのも注意事項、間違えるとごろごろとした違和感が目に残ります。

「ハードコンタクトレンズ」

ハードは水分が少なく、プラスチックで出来た硬い素材が特徴です。

酸素を通す素材で作られているため乾燥や傷に強く、きちんと使用していれば1年2年と年単位で使い続けることができます。

しかし大きさが角膜や黒目より小さい9ミリという大きさのため、慣れるまで時間がかかります。

ソフトにないメリットとしては、形がしっかりとしているため性能が高いということです。

見え方がシャープになり、乱視をいくらか矯正することが可能です。

 

初めてのコンタクトレンズの値段はどれぐらい

値段は使用期間によって変わります。

一番コストがかからないのは「ハードコンタクトレンズ」です。

視力が変わらなければ、使用方法を正しく守るだけで数年は持ちます。

そのため購入時は片目だけで10000円から15000円と少し高いと感じるかもしれませんがコスト換算すると視力が変わらなければ、2〜3年は使えますので安くあがります。

例えば、両目で20000円で購入して2年間使ったとして、1日約30円です。

「ソフトコンタクトレンズ」は1日使い捨て、2週間、1カ月タイプのものがあり、それによって価格が変わります。

どうしても月単位でお金がかかってしまいますが、きちんと管理する自信がない人や毎日は使わないという人、長い時間使用しないという人にはオススメです。

 

ソフトコンタクトレンズの値段

1日使い捨て 1日約170円

2週間タイプ 1日約80円

1ヶ月タイプ 1日約80円

 

 

2週間、1カ月タイプはコンタクトレンズの洗浄液が必要になります。

1本で大体1カ月から1カ月半持ち、800円くらいで購入できます。

 

また使い捨てじゃないソフトコンタクトレンズもあります。

ハードコンタクトレンズに比べるとその寿命は約半分、1年から1年半くらいです。

片目で6000円~15000円、ハードコンタクトレンズよりも若干安い価格で購入出来ます。

しかしソフトコンタクトレンズは手入れが必須。

毎日、長い期間使うのであれば毎日しっかりコンタクトレンズを、洗わなければ傷や汚れはもちろん、ソフトコンタクトレンズはハードコンタクトレンズと素材が違うため、カビや菌の発生の恐れもあります。

長期で使い続けたいのであればやはりハードコンタクトレンズの方がコストも衛生面も安心して使用することが出来るかと思います。

初めてのコンタクトレンズの注意点

初めて使用する際には眼科で相談するようにしましょう。

眼科でコンタクトレンズのメリットデメリットも含めて、使用方法まで詳しく教えてもらえます。

購入が決まるとコンタクトレンズを一人で装着出来るように眼科で練習をさせてくれるところが多いので安心です。

最後に

私は目をすぐに擦るし、つけたままうたた寝をしてしまいそうという、自分の性格からすぐにコンタクトレンズを落としてなくしてしまう可能性を考えて、ソフトコンタクトレンズを選択しました。

さらに、慣れるまでは違和感があってもすぐ外せるように、1日使い捨てタイプとメガネを併用し、今はズボラな性格でも保てる2週間を普段使いにしています。

初めて購入する時は、医師の説明をよく聞き自分の性格や出費の負担を考えて自分に合うコンタクトレンズを選択してくださいね。

スポンサーリンク