ボジョレーヌーヴォーの解禁はいつ?意味は?

毎年11月の定番といえば「ボジョレーヌーヴォー」解禁日。

テレビでも美味しそうに楽しむ人の様子が目に飛び込んできます。みんな流行りに飛びつくけれど「ボジョレーヌーヴォー」について知っている人、実はそんなに多くない?

知っていたらたちまち人気者になれる「ボジョレーヌーヴォー」の知識、お伝えします。


スポンサーリンク

「ボジョレーヌーヴォー」の解禁日は?

「ボジョレーヌーヴォー」は1800年代から、ボジョレー地方の地元住民にカジュアルな地酒として楽しまれていました。

解禁日は?

毎年11月15日の午前0時に、その年一番早い収穫の赤ワインが出来上がることから当初(1967年)はこの日をフランス政府公認の解禁日としていました。

11月15日を解禁日にすると、日曜日の年があります。フランスでは、日曜日は休むお店が多いので、解禁日にボジョレーヌーヴォーが飲めないということで、11月の第3木曜日になりました。

以後、販売店やレストラン等の売れ行きが左右されることから国民の休日に合わせ、全世界共通で11月第3木曜日午前0時に変更されました。

2016年のボジョレーヌーボーの解禁日は、11月17日の午前0時です。

時差の関係で世界一早く飲めるのが日本なので、日本でのボジョレーヌーボーが人気が出たようです。

フライングして販売すると、罰則があるのでお店でも販売はしません。

なので、午前0時ぴったりにボジョレーヌーヴォーを開けて乾杯するというお祭りのようになってますね。お祭り好きの日本人にはぴったりですね。

関連記事:

ボジョレーヌーヴォーにはどんな種類があるのか?

ボジョレーヌーヴォーの葡萄「ガメイ種」とは?

ボジョレーヌーヴォーの値段はいくら?フランスの値段は?

ボジョレーヌーヴォーの保存方法と賞味期限について

「ボジョレーヌーヴォー」ってそもそも何なの?

「ボジョレー」とはフランスの中東部ブルゴーニュにある地域の名前です。

「ヌーヴォー」は新しいという意味

「ボジョレーヌーヴォー」とは、収穫したばかりの「ガメイ」という種類の葡萄を使って、その年の葡萄の出来を確かめるという目的で、あくまでも新鮮なうちに飲むワインです。

熟成させたワインの味を楽しむというよりは、収穫のお祭りのようなイベント感覚で、その解禁日を祝うことが全世界に知られています。

%e3%83%9b%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a7%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%82%a6%e3%82%99%e3%82%a9%e3%83%bc%e6%84%8f%e5%91%b3%e2%91%a1


独自の製造方法

「ボジョレーヌーヴォー」はマセラシオン・カルボニックという特別な醸造方法で作られています。

本来のワイン醸造は葡萄を潰し、軸や種を取り除き搾汁されますが、このマセラシオン・カルボニック法では葡萄を房ごとタンクに投入し、自然発酵された葡萄果汁(皮やつぶれていない葡萄の細胞の内部でも自然発酵する)から出る炭酸ガスでタンク内が充満されます。

近年では大量生産のためあらかじめ炭酸ガスを一定量タンクに注入しておく方法の2種類があります。

この方法でワインを作ると、炭酸ガスの効果で酸化が防止されるため渋みや苦みが少なくフレッシュに仕上がります。


「ボジョレーヌーヴォー」を美味しく飲むには?

「ボジョレーヌーヴォー」と呼ばれるワインには赤かロゼのみしか存在しません

美味しい飲み方

「ボジョレーヌーヴォー」は軽口でフルーティーなワインなので、10℃前後の温度で飲むのが美味しいとされています。

冷蔵庫で少し冷やした方が美味しいので、飲む1時間前には冷蔵庫に入れておきましょう。

香りが少なめのワインなので小さめのグラスで楽しむのが良いです。


「ボジョレーヌーヴォー」の味の特徴は?

①苦みが少ない

②フルーティー

③フレッシュである

④飲みやすい口当たり

⑤アルコール度数が低い

⑥イチゴやバナナ、キャンディのような甘い香り

%e3%83%9b%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a7%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%82%a6%e3%82%99%e3%82%a9%e3%83%bc%e6%84%8f%e5%91%b3%e2%91%a0


「ボジョレーヌーヴォー」と相性の良い料理は?

比較的どんな種類の料理にも合わせやすいワインですが、あまり重すぎる料理には合わないようです。

トマトソース、鶏肉料理、チーズ、軽い煮込み料理、ベリー系のスイーツなどと前菜からメインまでどんな料理とも楽しめる万能選手と言えるでしょう。

「ボジョレーヌーヴォー」は新鮮なうちに飲むワインなので、手に入れたら熟成させず早いうちに楽しみましょう。

私が大好きな「ボジョレーヌーヴォー」にぴったりのおつまみを紹介します。


最後に

「ボジョレーヌーヴォー」の解禁日が近づくとわくわくしてきますね。

知っておいて損はない知識を胸に、今年も楽しみましょう。

みんなでボジョレーヌーヴォーのパーティーをやる時に、ちょっとしたうんちくをみんなで言い合ったりしても楽しいですね。

スポンサーリンク