8時間ダイエットでリバウンドしない効果的なやり方とは?水分は何がいいの?

「好きなものを食べたけど減った」「甘いものを食べているけど減った」「ストレスはあまり感じない」という口コミがある8時間ダイエット。

これはアメリカで流行ったものが日本でも広まりました。

正しいやり方で、無理なく続けることができると8時間ダイエットは効果があるようです。

ダイエットは無理なく、できる範囲でやるのがいいですね。

辛いと思ったときは、一旦やめることを前提ではじめましょう。

頑張りすぎないで、ほどほどがいいですよ。


スポンサーリンク

そもそも8時間ダイエットとは?

8時間ダイエットは「8時間以内に食事をする」というシンプルなルールのもとで行われます。

多くの人は正午から夜8時までに、というプランで行っています。

残りの16時間は基本的に水分(なるべく水)のみ、何も食べてはいけません。

アルコールも8時間以内に摂ります。

1日ずっと食べ続けることは糖尿病を招く行為だと「8時間ダイエット」の著者は言っています。

食べ続けることで消化が追い付かず食べたものをただただ蓄積するからです。

16時間何も食べない時間をつくることで、体は蓄積している栄養を燃やしてカロリーにすることでエネルギーを補います。

そのため脂肪が残りにくく、つきにくい体質へと変わるというのです。ちなみにこれは便秘解消にも繋がります。

時間以外に、8時間ダイエットに必要なことは「水分をしっかりとる事」と「スーパーフードを2種類とる事」です。

水分を積極的にとることで、代謝がアップして排泄をスムーズにしてくれます。

水分を取らない人はこの8時間ダイエットの効果をあまり感じないようです。

そしてスーパーフードとは


「高タンパク低脂肪」

「ナッツ類」

「乳製品」

「豆類」

「ベリー系のフルーツ」

「ビタミンCが豊富なフルーツ」

「緑黄色野菜」

「全粒粉パン・玄米」


この中から2種類、1食に1種類取れればOkです。

ローテーションで摂取するのもいいですし、種類によって得られる栄養や効果が違いますので自分にはどれが必要か考えて摂るのもいいかもしれませんね。

【8時間ダイエット、何日で何kg痩せるの?【成功体験談】】5分40秒


効果が出る人とでない人の違いとは?

8時間ダイエットが成功しない人は以下の5つが原因と考えられます。

 


 ①食べ過ぎ

 ②砂糖入りの飲料水を飲んでいる

 ③お腹いっぱいの状態で就寝

 ④便秘

 ⑤1日1食しか食べていない 


8時間を守れば基本的にOKですが、基本的なダイエット時の食事ルールは守るように心がけましょう。

砂糖が絶対駄目というわけではありません、なるべく避けて、でもご褒美にちょっと食べてもいいかくらいにストップはかけます。

また8時間ダイエットを始めたことで最初は便秘になる人もいます。

食事内容を食物繊維が多いものや、水分を増やすなど食事内容を変えてみるといいです。

そして8時間以内であっても寝る直前に食べると、消化する前に横になることで胃腸を休める時間を作れません。

それにより消化不良や脂肪蓄積、便秘という結果を招きます。

1日1食しか食べていないという人は、元から16時間以上の時間が取れているために効果がありません。他の方法にチェンジすることを薦めます。


リバウンドしないための注意点とは?

8時間ダイエットでは食べていない時間の16時間に、体脂肪を落としますが同時に筋肉も落としてしまいます。

そのために8時間ダイエットをやめると、筋肉のない体はあっという間に脂肪をつけて、そしてなかなかそれを落とすことが出来ずに「リバウンド」という状態になってしまいます。

そのためには8時間ダイエットと同時に軽いもので構いませんから、筋肉トレーニングを取り入れましょう。

筋トレをすることで脂肪を燃焼でき、リバウンドを防ぐことが出来る、まさに一石二鳥です。


まとめ


8時間ダイエットのまとめ
  • 1日の食事は8時間以内に抑える
  • 何も食べない16時間は水分(水)を取る
  • 軽い筋トレをする
  • 寝る2時間前には食べない

以上が8時間ダイエットの説明です。凄く簡単なのですぐに始められそうですね。

でも「8時間以内は何を食べても何を飲んでもいい」という訳ではないということはお忘れなく。

これで失敗して逆に太ったという例はたくさんあるようです。

8時間ダイエットを成功させることで、ダイエットだけでなく体内環境も整えてくれるので健康にもいいので是非正しい方法で「8時間ダイエット」試してみてくださいね。

スポンサーリンク