コードレス掃除機のおすすめ!安い&吸引力抜群の使いやすい機種5選

こんにちは、安い家電が好きな管理人です。本日は、4万円以下のコードレス掃除機のベスト5を個人的な意見で選んでみました。

ダイソンのコードレス掃除機が発売されて、ヒットするようになってから、様々なメーカーがコードレス掃除機を商品化してきました。

現在では、たくさんありすぎて家電量販店に行っても、どれにすればいいのかわからなくなりました。

管理人は5年ほど前から、マキタのコードレス掃除機を使っているのですが、いまだに問題なく使えています。

以前はコード付きのキャニスターの掃除機の、2台目に使っていましたが、キャニスターの掃除機が壊れてからは、マキタの掃除機だけです。

しかし、これ一台でも十分掃除ができています。問題はないのですが、5年もたったしそろそろ新しいものを買おうかなと思い、調べてみました。

すると、今ではコードレス掃除機がこんなにあるとはビックリです。今後買うためにベスト5を調べてみました。

あなたがコードレス掃除機を購入するときに、少しでも参考になれば幸いです。それでは、一緒にみていきましょう。

第1位 マキタ CL107FDSHW 

SAKURA 12,898円(最安値)

やはり、迷いましたがマキタのコードレス掃除機を、1位にしたいと思います。管理人としては、充電の速さが魅力です。

また、紙パック式はゴミ捨てが楽なのもいいところです。1枚あたり約60円ぐらいかかりますが、1カ月ぐらいは持ちますかね。家庭によって違うかもしれませんがね。

コードレス掃除機で紙パック式はマキタ、パナソニック、アイリスオーヤマ、ツインバードだけと少ないのですが、おすすめは「マキタ」の製品です。

バッテリーが取り外しができるので、充電が楽です。急速充電だと20分ぐらいでできるのもいいところです。標準モードで25分で、強モードで、12分稼働します。

ここがこの製品の一番の魅力です。その他の掃除機は充電時間が多くかかります。20分だけ他の掃除をやっている間に、充電が終わるので、また掃除機をかけられますね。

価格が安いのが魅力ですので、2代目の掃除機として、購入する方もいるようです。軽いところも、ちょっとした掃除がすぐにできるという、レビューもあります。

口コミの評判

  • 価格が安いのがいい
  • 紙パックでゴミ捨てが楽
  • 1.1キロと軽い
  • 充電が早い
  • ライトがついている
  • 紙パックが詰まると吸引力が落ちる
  • 紙パックのコストがかかる
  • 充電器が別で場所をとる

第2位 日立 パワーブーストサイクロン PV-BEH900

ノジマオンライン 35,154円(最安値)

サイクロン式で小型ハイパワーファンモーターで、強力な吸引力が持続します。本体も1.5キロと軽量です。

また、ホースも付属されているので、左手に本体をもって、ホースをつなげば軽々と高いところの掃除ができます。

ゴミ捨てもワンタッチボタンを押せばでてくるので、簡単にすてられます。

バッテリーは取り外しができるので、充電も楽にできます。

充電時間が3.5時間かかるのがネックです。一回の充電で40分稼働します。

ヤマダ電機で詳しく紹介しているユーチューブがありました。

口コミの評判

  • 軽いのでちょっとの掃除がしやすい
  • ライトがあるので、暗いところでもみやすい
  • 付属のノズルや布団クリーナーがうれしい
  • 「強」で掃除すると8分しかもたないのが不満
  • 音が少しうるさい

第3位 ダイソン Dyson V6 Fluffy 

ノジマオンライン 33,800円(最安値)

やはり、吸引力ではダイソンが一番いいようです。高いイメージがあるダイソンですが、この辺の値段ならば、購入してもいいかもしれませんね。

特長としては、カーボンファイバーブラシがゴミをかき出して吸い取るので、ゴミをたくさんとれます。また、ゴミ捨てもワンタッチボタンで、片手でも捨てることができます。

ダイソンオリジナルのサイクロン式で、吸引力が落ちずにずっとゴミを吸い続けてくれます。アタッチメントを変えれば、布団クリーナーにもなり便利です。

充電は3.5時間で26分と普通のレベルです。また、本体は2キロなので、さほど軽い方ではないようです。

口コミの評判

  • さすがの吸引力でどんどん吸い取る
  • ハンディタイプが使いやすい
  • 絨毯の髪の毛などをよくとってくれる
  • ゴミ捨てが楽
  • 少し重い
  • 音がうるさい
  • 充電が壁に穴をあけないとつけられない

第4位 三菱電機 iNSTICK HC-VXG30P 

ディスクグループ  38,880円(最安値)

この掃除機は、1台で4役をこなします。

  • スティッククリーナー
  • ハンディクリーナー
  • ふとんクリーナー
  • 空気清浄器

自走式パワーブラシで、らくらくお掃除ができて、ハイパワーの吸引力で、たくさんのゴミを吸い取ります。

ハンディクリーナーにすれば、車の中のそうじも楽々できます。また、ふとんクリーナーに付け替えれば、ふとんについたほこりやダニなどをとってくれます。

本体の充電器は掃除をしている間は、空気清浄器になるので、掃除中のほこりや花粉を吸ってくれるので、安心です。さらに、脱臭効果もあるので、ニオイも取り除くこうかもあります。

口コミの評判

  • 吸引力もそこそこあり使える
  • デザインがおしゃれ
  • すぐに使えるので、ちょっとした掃除にいい
  • ゴミ捨てが簡単
  • 2.1キロでちょっと重い
  • 120分の充電で強で8分は短い
  • ごみの収納が小さい
  • ゴミ捨ての時にホコリが舞う

第5位 東芝 トルネオ ヴイ コードレス VC-CL1400

アーチ 38,088円(最安値)

この掃除機は、ハイブリッド3Dターボファンのモーターが、たくさんの風を取り込むことにより、協力な吸引力を実現しました。

目詰まりの原因となるフィルターがないので、吸引力が持続するのも特徴です。また、吸い取ったゴミも2分の1に圧縮するので、ゴミを捨てる時のホコリのまいあがりを防げます。

充電時間は5時間で、標準モードで20分稼働します。強モードの時は8分です。

付属のエアブローノズルで、風を吹き付けることができるので、玄関の落ち葉を掃除したりできます。また、ホースも付属されていますので、左手に本体を持って、右手で高いところの掃除が楽々できます。

ゴミ残しまセンサーがあり、ゴミが残っていると、センサーのランプが点滅するので、見逃しが無くなります。

口コミの評判

  • 布団用ブラシが結構ホコリが取れる
  • ダストカップが丸ごと洗えるのがいい
  • 音はそれほど気にならない
  • 重くはないが持ち手が滑りやすい
  • バッテリーの持ちが短い
  • ダストカップの掃除が面倒
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。コードレス掃除機の4万円以下でのおすすめベスト5をみてきました。ダイソンのコードレス掃除機が人気が出るようになってから、日本の企業もどんどんいいものを出してきましたね。

今では、ありすぎて迷いまくりです。高いものは10万円前後のものもありますが、そこまでは必要ない方も多いと思いましたので、4万円以下と決めて探しました。

コードレス掃除機はやはり、軽さは大事になってきますね。それと、充電時間と稼働時間です。5時間の充電で8分の稼働では、ちょっと厳しいかなと思います。

また、紙パック式とサイクロン式でも意見が分かれているようで、どっちが楽で衛生的にいいのかをよーく考えてみましょう。これは、好みや考え方の違いなので、どちらがいいとは言い切れませんね。

紙パック式は比較的価格が安いですが、全体的に人気があるのがサイクロン式になっています。

この辺は時間をかけて、家電量販店などで説明を聞いてよーく考えましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加