水を飲む事の健康効果を徹底調査!ダイエットにも必要ですよ!

こんにちは、管理人です。本日は、水を飲むことの健康効果について調べてみましたので、お付き合いください。

ほとんどの方が、水を飲む大切さを知ってはいるのですが、毎日たくさんの水を飲む方は少ないようですね。

私は、1日に1.5リットルから2リットルの水を飲んでいますが、毎日体調がいいです。特に、便通はいいです。便秘になったことがありません。

人間の体は60%が水でできているので、水分がなくなると死んでしまいます。人間だけでなく全ての生物が水がないと生きていけませんね。

水を飲むことが体にいいことはわかっているのですが、一体どんな効果があるのかを徹底調査しましたので、よかったら一緒にみて生きましょう。

スポンサーリンク

水を飲むとどんな健康効果があるのか?

⑴ダイエット効果

人間の体には、老廃物がたまります。水を飲むことで、老廃物をだす働きがあります。尿や汗などになり、体の外に不要な物を出してくれます。また、便通もよくなります。

体の中から老廃物がどんどん出て行くと、自然と痩せて行くということです。また、常に水を飲んでいるので、お腹が減りにくくなり、食べる量も減るので、ダイエット効果が期待できます。

⑵血液サラサラ効果

たくさんのストレスや運動不足により、血液がドロドロになります。また、脂っこいものや甘いものの食べ過ぎでも、血液はドロドロになります。

血液が濁ると様々な、病気になる恐れがあります。そうならないためにも、血液は常にサラサラにしたいものです。

水を飲むことで、血液の濃度が下がり、サラサラな血液が流れるということです。

⑶美肌効果

水分を取ることで、代謝率が上がり老廃物を汗として、体の外に出すことで、肌がうるいを吸収して美肌になるようです。

人間の体は水分が必要なので、適度に摂取することで、デトックス効果があり肌が綺麗になっていきます。

⑷便秘解消効果

便秘の原因の1つに、便が硬くなって出にくいというものがあります。水を飲むことで、便を柔らかくするので、出やすくなるということです。

便秘症の方は、一度に大量の水を飲むのではなく、こまめに水分補給をした方がいいです。コップ一杯の水を、何度か取る方が効果があります。

便秘の方に効果があるのが、「硬水」です。便を柔らかくするのに、硬い水ですがそれは関係ないようですね。

マグネシウムやカリウムがたっぷり含まれた、硬水が便秘解消効果があるようです。

⑸腸活効果

水を飲むことで、腸内が活性化され、さまざまな体の不調が改善されます。

⑹免疫力をあげる効果

水を飲むことで、血液が綺麗になり、体温が上がることで、免疫力をあげる効果があります。免疫力が上がると、風邪などの病気にかかりにくい体になります。

⑺むくみをやわらげる効果

水を飲むことで、体内の余分な水分が排出されるので、むくみをやわらげる効果があります。

⑻二日酔い防止効果

お酒を飲むときに、一緒に水を飲むと次の日の二日酔いになりにくいと言われています。基本は飲んだお酒の量と同じ水を飲むと効果があります。

しかし、生ビールをたくさん飲む方は、同じ量の水を取るのは大変かもしれませんので、その辺は、飲める範囲でいいでしょう。

お酒を飲みながら、水をむ事で体に入るアルコールが薄まり、尿もたくさん出るので、一緒にアルコールを出してくれるので、次の日にお酒が残りづらくなります。

しかし、飲み過ぎたら二日酔いになりますので、お酒には飲まれないようにしましょう。

水の飲み方とは?

理想的な水の飲み方としては、1日に2リットルがいいとされています。がしかし、個人差があるので、飲める範囲でいいと思います。

あくまでも理想ですが、1日2リットルとすると、400ミリの水を5回に分けて飲むといいでしょう。

  • 朝起きてすぐ飲む
  • 朝食の前に飲む
  • 昼食の前に飲む
  • 夕食の前に飲む
  • 寝る前に飲む

食事の時は食べながら飲んでもいいようです。これは理想なので、きっちり守らなくてもできる範囲で、実践しましょう。

寝る前に水を飲むと、夜中のトイレが心配な方は、寝る前は抜いてもいいと思います。

夏の暑い日などは、冷やした水でもいいかもしれませんが、寒くなってくると冷たい水ではたくさん飲めませんね。

なので、冬は40度から50度ぐらいのぬるま湯にして飲んでもいいでしょう。ポットにお湯を入れておき、水を足して好みの温度に調節して飲みましょう。

水はどれぐらい飲むのか?

1日にどれぐらいの水を飲むのか?と調べてみると、先程も書きましたが、だいたい2リットル前後と言う意見が多いですね。

これは、人によって変わってくるので、あなたの体重や体調によって飲む量が違ってきます。2リットルがいいと言われたから、なんでもかんでも2リットル飲まないとダメだとは思わない方がいいでしょう。

自分で飲んでみて、無理そうだったら減らしてもいいし、もっと飲みたくなれば3リットルでもいいでしょう。

とにかく、無理のない程度の量を飲むことをオススメします。

どんな水を飲めばいいのか?

世界では水道水が飲める国は15カ国しかありません。日本はどこに行っても水道水が飲めますね。

しかし、日本の美味しい水道水とまずい水道水は地域によって違ってきます。比較的都会の水道水はまずいようです。

美味しい水道水をネットで調べてみると、熊本県、富山県、鳥取県などが上位にありました。中でも、熊本県はミネラルウォーターがでる水道と言われるほど、水道水が美味しいようです。

水道水が美味しい地域はいいでしょうが、そうも行かない地域の方は、ミネラルウォーターを飲んだ方がいいですね。

ミネラルウォーターを大きく分けると、「軟水」と「硬水」に分けられます。日本のミネラルウォーターは、「軟水」が多いのが特徴です。やわらく飲みやすいのがいいところです。

硬水はカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれていて、栄養効果が高いのが特徴です。しかし、飲みすぎるとお腹を壊すこともあるので、お腹が弱い方は、軟水がオススメです。

熊本の天然水

ウォーターサーバーで飲む

最近では、ウォーターサーバーを設置する家庭も増えてきているようです。定期的に水を運んでくれるし、いつでも気軽に冷たい水と、暖かい水が飲めるのも便利です。

しかし、デメリットもあるようなので、よく調べてから始めた方がいいでしょう。ネットで調べるとたくさん出てきますので、ご自身に合うようでしたら始めてもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。水を飲むことの健康効果について見てきましたが、生き物はみんな水がないと死んでしまいます。水は必要不可欠です。

人間も水の重要性には気づいているので、積極的に水を飲むという習慣をつけた方がいいですね。

特に、日本は水道水も飲めるし、ミネラルウォーターを手頃な価格で手に入るようになりました。コンビニも24時間やってるし、自動販売機だってたくさんありますね。

健康で長生きするためには、常日頃からの水分補給が大事になってきます。水を飲む習慣は生きている限りずっと続けていきたいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加