あしかがフラワーパーク2016イルミネーション、日程と入園料

あしかがフラワーパークは、栃木県足利市迫間町にある花のテーマパークです。

栃木県足利市堀込町に早川農園として戦後に開園しました。

 広さ92,000㎡の日本最大級の藤園には樹齢150年におよぶ必見の栃木県指定天然記念物の大藤棚があります。

また珍しい八重の大藤棚や長さ80mの白藤のトンネルなど350本以上の藤が咲き誇って、幻想的な気分に浸ることができます。

また開花時期に合わせて夜間はライトアップされた藤の花を観賞することができます。


スポンサーリンク

◇冬のイルミネーションについて

そしてもうひとつの目玉が、今回ご紹介させていただく、冬季(10月下旬-2月上旬)に開催され、開催期間を通して50万人以上が訪れるというイルミネーション「光の花の庭」です。

このイルミネーションは94,000㎡の園内に300万球を超えるイルミネーションを装飾し、中でも「光の花の庭」は約180万球の薄紫色のLED電球を使った満開の大藤を再現した演出がされ、合計で約300万球を使った大規模なものです。

2014年には、調色機能に加えて曲げることもできるフレキシブル有機EL照明パネルを用いた、世界初の有機ELイルミネーションも登場しています。

この年、4,300人の夜景観賞士選んだイルミネーション全国1位に輝いており、東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)・江の島「湘南の宝石」(神奈川県藤沢市)とともに、夜景観光コンベンション・ビューローが認定する日本夜景遺産認定「関東三大イルミネーション」に指定されています。

0ecc8a6e


◇2016年のイルミネーション日程

2016年には節目となる15回目の開催が予定されています。

日程 2016年10月中旬から2月中旬まで

300万球のイルミネーションのうち、295万球以上ものLED電球を使用し環境及び節電への配慮も十分になされていることもこのイルミネーションの素晴らしいところです。

関連記事:

東京ドイツ村2016年イルミネーション

さがみ湖イルミオン2016年イルミネーション

湘南の宝石イルミネーション2016

◇開催期間・料金・開園時間について【2016年】

 

・開催期間 2016年10月22日(土) ~ 2016年2月5日(日)  

・入園時間 15:30~21:00 (土日祝は21:30まで)   

※イルミネーションの点灯時間は16:30からです。  

・入園料金 大人800円 小人400円

       

昼の部 花の咲き具合により料金が変動しますので公式HPでご確認ください。

・休園日  12月31日(木)

 2016年については2016年秋に公式HPにてご確認ください。

http://www.ashikaga.co.jp/

◇それぞれのイルミネーションについて

あしかがフラワーパークではテーマを3つに分け、ここでしか見ることのできないイルミネーションの演出がなされています。

それではその3つを開園期間と共にご紹介させていただきます。

日程は2015年の日程【例年】でご紹介します。

☆10月24日【10月下旬】~11月中旬まで

光と花のコラボレーション ~光とアメジストセージの融合~

☆11月下旬~12月下旬まで 

フラワーパークのクリスマス ~クリスマスファンタジー~

☆元旦~2月4日【2月上旬・期間終了まで】

ニューイヤーイルミネーション ~光と冬ボタンの競演


◇イルミネーション 光の花 奇跡の大藤

13404917255_71435b68d7_b

「奇蹟の大藤」はイルミネーションのシンボルツリーです。

藤色の花房をイメージした電飾が咲き広がるストーリーを演出し、風に揺らめく様はまるで本物の様な見応えです。

まるで本物の春の藤を見るかのように、咲き始め~満開~舞い散るまでのストーリーを見ることができます。


◇イルミネーション 光の壁画 日本の四季 『心の故郷』

山の斜面を利用し作り上げる光の壁画です。

日本の四季を春夏秋冬別にイルイネーションで表現しています。

古き良き故郷の情景が光の壁画で表現されています。

◇イルミネーション 水鏡効果 みんなの地球

池の水面に映る水鏡効果を応用したイルミネーションです。

光の量を2倍にし、幻想的な幅広い空間を演出しています。

人間も動物も植物もみんなで1つの「地球」がテーマです。

水面に綺麗に映し出されていることが、このイルミネーションの計算された美しさを感じさせます。

◇イルミネーション パノラマに広がるハピネスガーデン 光のバラ園

2014年春に新設されました。

ローズガーデンに光りのバラが華やかに輝きます。

イルミネーションのコンセプトでもある「光の花の庭」に相応しい演出で壮大に光のバラが広がります。

今年は2015年以上にどのような演出がなされるのかが楽しみに待たれます。

map

◇アクセス

 〇自動車の場合

【東北自動車道より】◎佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)

【北関東自動車道より】◎太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(約20分)

◎足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)

◎佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)

 

〇JRをご利用の場合  

 JR両毛線「富田」駅をご利用ください。富田駅より徒歩約13分    

①富田駅より南へ向かい、信号を右折    

②富田郵便局手前まで道なりに進む    

③手押し信号機の横断歩道を渡り左折    

④線路の高架下をくぐるとフラワーパークに到着

   

◎東武伊勢崎線ご利用のお客様は久喜駅にてJR東北本線に乗り換えて小山駅より両毛線ご利用下さい。

◎JR上野駅からもJR東北本線にて小山乗り換えとなります。  

〇東武伊勢崎線をご利用の場合 東武伊勢崎線「足利市」駅をご利用ください   

足利市駅よりシャトルバス約30分


◇夏季(7月-8月)のレーザーライトショー

なお、同じく花の停滞期とされている夏季(7月-8月)はレーザーライトショーをメインとした「フラワーファンタジー in サマー」が開催されます。

これはレーザー光線と音楽による演出の「レーザーショー」や、レーザー光線とミストシャワー(ミスト散布)の融合による演出の「ウオーターショー」が行われます。

他にもイルミネーションが部分的ですが先行開催される他、縁日屋台やプレイスポットが設けられ、園内は夏祭りのような楽しい雰囲気となります。


 まとめ

日々のストレスの解消のために幻想的な世界を見に行ってみませんか?

自然、光、音楽の融合は今まで見たことのない世界をかもしだし、皮膚感覚に直接働きかけて来ると思います。ご家族と行かれたりデートスポットとしてもお勧めです。

スポンサーリンク