一人暮らしの部屋干しは除湿機とエアコンのどっちがいいのか?

スポンサーリンク

除湿機は、夏は多湿・冬は結露の防止など湿気対策のために用いられます。一人暮らしの部屋にも除湿機必要でしょうか?

一人暮らしだとどうしても部屋干しをしますね。なかなか開けっ放しで出かけるわけにもいかないので、除湿機がエアコンの除湿機能を使いたくなりますね。

エアコンの電気代は結構高いので、悩みどころですがわざわざ除湿機を購入する必要があるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋干しに除湿機は必要なのか?

まず、一人暮らしに除湿機が必要なのか。必要、不必要と言われるとどっちとも言えませんが、あればいいかもしれません。なぜなら「部屋干し」の機会が多いからです。

一人暮らしでは、雨天や空気中の汚れなどの原因以外に、防犯や家事の時間が限られることから、部屋干しで過ごす人が多いです。部屋干しにすると、生乾きによる臭いが気になるという人もいるでしょう。

生乾きのニオイの原因は湿気によるカビ・細菌の繁殖によるものです。

それを防ぐのに除湿機があると便利なのです。生乾きの原因の湿気を取り除き、安心して部屋干しをすることが出来ます。

他にも最近の除湿機には冷風・空気清浄・衣類乾燥・カビ防止など、様々な機能がついています。

私が見たものは大きな除湿機でしたが、一人暮らしの部屋にも置けそうな小型の除湿機も増えているようです。

換気をあまりしない、部屋干しが多い、湿気が多い部屋だという方は購入を検討してみていいと思います。

エアコンで除湿する時の効果と電気代はどれぐらい?

エアコンのドライ機能は除湿の効果があります。エアコンがついている部屋も増えてきているし、除湿機を買わなくてもいいのかもしれませんね。

でも調べてみると電気代が高くついてしまうという情報も…実際はどうなのでしょう。

エアコンのドライ機能は、室内の室温を下げるときに使いますが「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という2つの働きがあります。

弱冷房除湿というのは、室内の気温を下げつつ除湿しますが、再熱除湿は室内気温を変えずに除湿します。

エアコンのドライ機能は電気代が高いというのはこの「再熱除湿」を使用したときに当てはまります。

なぜ「再熱除湿」が高いのか。

再熱除湿は室内の空気をエアコンに取り込み、取り込んだ空気の水分を取り除きます。この取り除くときに空気は冷やされますが、排出する際には加熱してから室内に戻されます。

このように除湿して、冷やした空気を温めなおすために電気代がかかっているのです。弱冷房除湿ではこの加熱の過程がないので電気代はそれほどかかりません。

再熱除湿も梅雨など肌寒いけれど、除湿の必要があるときなどには便利な機能です。エアコンで除湿を行う際にはうまく使い分けてみましょう。

アイディアで節約の除湿方法はあるのか?

除湿機も買いたくない、エアコンの電気代も使いたくない。

分かります、一人暮らし…なるべく余計なお金はかけたくないですよね。なんとかお金をかけずに除湿が出来ないものでしょうか。

●換気をする

私はこれですね。空気を撹拌させることで湿度が変わるのだそうです。

外の湿度が高いときに窓を開けるのは逆効果、その時は扇風機で室内の空気に動きをつくってあげましょう。

除湿したという効果が大きくは感じられませんが多少は湿度を下げてくれる効果が期待できます。

●重曹を使う

重曹は本当に万能ですよね。除湿にも使えるというのは知りませんでしたが、試してみる価値ありの除湿方法です。

やり方は簡単、何でもいいので容器に重曹をいれて放置するだけ。

効果は数か月から半年も続くためコスパもいい除湿方法です。

使用後の重曹は掃除などに使いまわすことが出来ます。さらに重曹にアロマオイルを垂らしておくと室内の香り対策にもなります。

●木炭を使う

炭は匂い消しに良いと聞いて玄関に置いていますが、除湿効果もあるのですね。

木炭にあいている小さな穴から、湿気や臭いなど嫌なものを吸い上げてくれるのだそうです。

一番のオススメは穴が多い備長炭なのですが、ホームセンターなどでバーベキュー用に売っている木炭でも問題ありません。

たまに天日干しして乾燥させれば何度でも使うことができます。

最後に

お金をかけない除湿方法は調べるとまだまだあります。今回紹介したのはほんの少し、新たに買うにしてもお金がかからないものを選びました。

こうやって調べてみると、やっぱり除湿機はあった方がいいような気がしてきました。コンパクトで安いものが見つかったら、購入しようかな?

一人暮らしの狭い部屋であれば、アイデア除湿でも十分そうな気がしますが、部屋干しの厄介さも放っておくとストレスになるので自分にあった方法、もしくは家電を見つけてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加