シャンパンとスパークリングワインの違いをピンポイント解説!

シャンパンとスパークリングワインの違いって、知ってますか?

知ってる人には当たり前だけど、以外と知らないで飲んでる人もいるようです。

知らない人は、炭酸の入ったワインを全てシャンパンと呼んでいるようですが、それは間違いだったようです。

ちょっとした雑学かもしれませんが、知らなかった方は少しだけ知識をつけて見ましょう。

あまり詳しく覚える必要はないので、ざっと理解すれば大丈夫です。

それでは、シャンパンとスパークリングワインは何が違うのかを見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

シャンパンとスパークリングワインの違いとは?

シャンパンとはすばり、フランス・シャンパーニュ地方で造られたスパークワインのことを言います。

さらにこのシャンパーニュ地方でもまた特定された地域、特定されたぶどうで造られていなければいけません。

その他にも栽培、醸造などすべての過程でフランスの法律A.O.C.法に基づいて厳しく管理されています。

例え地域は合っていてもこのA.O.C.法から外れていたらそれはもうシャンパンとは呼べないのです。

そしてシャンパンと名乗っていいと認定されたものには、必ずラベルに「Champaqne」と表記されています。

この表記でシャンパンとスパークリングワインを見分けることが出来ます。

さらに、瓶内二次発酵という製法で自然に瓶の中で、炭酸が出来る製法です。

後から炭酸ガスをビンの中に入れる方法のものは、シャンパンとは呼べません。

 

スパークリングワインとは、すべての発泡性ワインのことです。

なので、シャンパンとはスパークリングワインの中の一つの銘柄という感じですかね。

例えば、ジュースの中のジンジャーエールみたいな感じかな?

わかりづらいかな?

なので、世界中で作られている発泡性ワインはすべて、スパークリングワインです。

しかし、各国で呼び方が違います。次にその辺を見ていきましょう。

フランス以外のスパークリングワインの呼び方は?

スパークリングワインとは「発泡性ワイン」の総称です。

シャンパンがその一種なのだということは説明しましたが、今度はそれ以外のスパークリングワインがあるのか説明したいと思います。

スパークリングワインの種類は様々で、地方によって分けられるもの、瓶内のガスの気圧によって分けられるものとたくさんあります。

おそらく全部紹介したら聞いたことがあるというものがあるでしょう。

今回はシャンパンと同じ製造方法で造られているスパークリングワインを紹介します。

①クレマン

フランスのシャンパーニュ地方以外で作られる、スパークリングワインです。

作り方はシャンパンと同じ製法で作られます。シャンパンよりも手頃な価格で飲むことが出来ます。

②カヴァ

主にスペインのスパークリングワインがカヴァに分類されることが多く、シャンパンと同じ製造方法で造られています。でもお値段はお手頃。

③スプマンテ

イタリアのスパークリングワインで、スプマンテとはイタリア語で「発泡性」という意味です。シャンパンと同じ製法で、瓶内二次発酵で作られます。

④ゼクト

ドイツのスパークリングワインで、シャンパンと同じ製法で作られます。

ドイツはスパークリングワイン王国で、世界一スパークリングワインを飲む国民です。

⑤スパークリング・シラーズ

オーストラリアのスパークリングワインで、赤ワインのシラーズというブドウを使います。

赤いスパークリングワインはあまりないので、人気があります。

ピンドンよりお手頃の価格が嬉しいですね。

スパークリングワインの開け方とオススメのグラスは?

よく「ポンッ」と音を立てて開けるシーンを見ますが、正しくは音を立てずに開けるのが上品というもの。

賑やかな席での「ポンッ」という軽快な音は楽しい気分にさせてくれますが、落ち着いたシーンではやはり音を立てずに開けてみましょう。

①よく冷やす…冷やすことでガスの湧出を抑えて泡立つのを防ぐことが出来ます。

スパークリングワインは温度が高いとガスが抜けやすくなったり、風味が落ちることがあるので温度には注意しましょう。

温度の目安は、「甘口は4℃、辛口は7℃」です。

②斜めにもつ…ボトルを斜めに持つことで、ボトル内の空気に触れる面積を大きくすることが出来、泡を出にくくします。

またガスによってコルクが飛んでしまわないよう、コルクのワイヤーを外す時はコルクを抑えながら作業します。

③コルクではなくボトルを回す…コルクをしっかりと抑えたままボトルをゆっくり回します。

ガスの圧力で少しずつコルクが押し出されたところで、ボトルを少し傾けると隙間が出来、そこからガスをスーッと静かに抜くことが出来ます。

ガスが抜けたら後はコルクを外すだけ。

これで音を立てずにスマートにスパークリングワインを開けることが出来ます。

そしてグラス選びも大切です。

スパークリングワインには細長いフルート型のグラスを選びます。

細長いグラスが泡が抜けてしまうのを防ぐ役割を果たし、泡立ちを長く楽しむことが出来ます。

 

ソムリエのシャンパンの開け方の動画を見つけました。プロの技を参考にして見てください。

【ソムリエ直伝 シャンパン、スパークリングワイン、コルクの抜き方】

まとめ

いかがだったでしょうか?

知っているようで、知らないことってありますのでちょっとした知識をつけて、シャンパンを飲む席で、少しだけ語って見ては!

あまりウンチクが長すぎると、敬遠されますので簡単に!

もう一度まとめますと、

シャンパンとは
  • フランスのシャンパーニュ地方で採れたブドウ使ったもの
  • シャンパーニュ地方で製造されたもの
  • 瓶内二次発酵されたもの

スパークリングワインとは、すべての発泡性ワインのこと

以上、スパークリングワインとシャンパンの違いのご紹介でした。

 

スマートにスパークリングワインを開けられたら素敵な大人!って感じがしますよね。

周りからの評価がアップするかも。

スポンサーリンク