東京ドイツ村2016年イルミネーション、入場料は?駐車料金は?

千葉県にある観光スポットの中でディズニーランド等に並び人気の施設『東京ドイツ村』。毎年冬に行われるイルミネーションイベントで知られています。

その美しさは有名で、栃木県足利市の「あしかがフラワーパーク」、神奈川県藤沢市の「江の島 湘南の宝石」と並び関東3大イルミネーションに選ばれています。美しい草花が咲き乱れている事でも有名な『東京ドイツ村』。ここでは、そんな人気の観光スポットを詳しく皆さんにご紹介します。

足利フラワーパークについてはこちらをご覧ください

『東京ドイツ村』と言っても、実際は千葉県袖ヶ浦市にある多目的型アミューズメント施設になります。

「自然と人が共に過ごせる」共生をコンセプトにしたテーマパークは、自然の草花に彩られた美しさに目を引かれます。

東京ドーム約19個分27万坪の広大な敷地内には関東最大級の花畑があり、春には芝桜25万本40,000㎡、梅雨には紫陽花3万株に百花繚乱目を奪われます。

施設内はお子様から大人まで楽しめるアトラクション施設だけでなく、名前の通りにドイツ料理やドイツビールが味わえるレストラン・ショップもあります。

東京ドイツ村


スポンサーリンク

東京ドイツ村人気のイルミネーションについて

『東京ドイツ村』で最も人気があるイベントがイルミネーションです。

イルミネーション自体の起源は16世紀のドイツとされており、夜空に煌めく星を見た神学者のルターがその光景を模して木の枝にロウソクを飾り再現した事により始まったとされています。

日本では1903年に大阪天王寺で行われた第5回勧業博覧会で約6,700個の電球を飾ったのが最初になります。

イルミネーションと言えばやはりクリスマスのイメージが強いのか冬に行われる事が多く、東京ドイツ村でも冬のイベントになります。

関連記事:

さがみ湖イルミオン2016年イルミネーション

あしかがフラワーパーク2016イルミネーション

湘南の宝石イルミネーション2016

開催期間、料金

開催期間 2016年11月5日(土)から2017年4月9日(日)まで

点灯時間 午後5時30分から午後8時まで


最大の特徴は園内をマイカーで見学出来る事です。15時以降のイルミネーション特別料金はマイカー1台2,000円で入場する事が出来ます。車で見学する事で小さなお子様からお年寄りまで気軽に楽しめるイベントになっています。

平成28年11月1日から平成29年3月31日まで

マイカー1台2000円

徒歩の入場は1人500円です。

9時30分から20時まで

東京ドイツ村(イルミネーション②)

250万個のLEDや電球が醸し出す光と音の美しい空間は、毎年テーマを変えて幻想的に演出され来場者を楽しませてくれます。


東京ドイツ村へのアクセスとその他の楽しみ方

東京ドイツ村へのアクセス

電車の場合JR内房線「袖ヶ浦駅」から東京ドイツ村行きのバスが出ています。

他にも各路線が集まる「千葉駅」から高速バスを利用されるのも便利です。

マイカーでのご利用は、館山自動車道「姉崎袖ヶ浦I.C」から約5分です。

東京ドイツ村は様々なアトラクションやイベントに溢れ、関東一の規模を持つパターゴルフコースや触れ合い動物園、ワンちゃんにうれしいドックラン、食材購入から楽しめるBBQレストラン、千葉名産落花生の収穫体験等、小さなお子様から大人まで存分に楽しめます。


まとめ

マイカーで楽しめるテーマパークとして有名な『東京ドイツ村』。

季節毎に楽しみがあるテーマパークになっています。

特に、全国の夜景鑑賞士3,500名から、関東三大イルミネーションの一つに選ばれた夜景は見事の一言に尽きます。数少ない冬のイベントとしても見に行く価値があると思いますので、ぜひ1度いかがですか。

スポンサーリンク