メガネとコンタクトレンズのいいとこ、悪いとこ!どっちがいいのか?

私は普段、仕事をしている時と運転するときはコンタクトレンズを使用しています。

家にいる時は眼鏡を使用しています。

手元をみるだけならば眼鏡で十分ですが、外に出る時は遠くまできちんと見たいため、定期的に視力にあったものに変えている、コンタクトレンズの方が使いやすいのです。

眼鏡からコンタクトレンズにするというのは結構勇気のいること、私の知り合いも「どうなの?」と聞いてきますが悩み続けているようです。

眼鏡とコンタクトレンズのメリット・デメリットを説明します。

迷っている人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

メガネのいいとこ、悪いとこ

<いいところ>

一番のメリットに眼鏡は、目とレンズに空間があるため、目を直接傷つけることがほぼ無いと言えることです。

またつけ外しが自由で、メンテナンスもしやすい、自分好みの自分だけの眼鏡を作れることも眼鏡の良いところです。

遠近両用や乱視にあったもの、また老眼にあったものと自分の目にあったものを、簡単に作れることもいいですよね。

今では目の度数が悪くてもレンズを薄く作ることが出来るので昔と違っておしゃれなものが多いです。

<悪いところ>

ズレる・曇るということが眼鏡のデメリットかと思います。

温度差や湯気ですぐに曇る眼鏡は、食事中などには少しうっとおしく感じます。

またズレるため、下を向く動作、激しく動くスポーツなどの場合には不便に思います。

フレームのある眼鏡の場合、フレームによって視界が遮られることもデメリットのひとつです。

他には目が悪くなったら作り直す必要がある、無くしやすい、長時間使用していると疲れるといったデメリットがあります。

コンタクトレンズのいいとこ、悪いとこ

<いいところ>

眼鏡のデメリットがコンタクトレンズのいいところです。

スポーツをする人はずれる、邪魔になることがないためコンタクトレンズを使用する人が多いです。

視野も裸眼の時と同じということもスポーツには利点ですね。

自分に似合う眼鏡がない、という人もコンタクトレンズなら外見は変わることがないです。

<わるいところ>

目に直接入れて使うため、どうしても目に負担がかかってしまいます。

また着脱は慣れるまでに時間がかかり、正しい利用方法で使わなければ、目を傷つけてしまう可能性があります。

コンタクトレンズを付けたまま寝てしまう、ドライアイになりやすいという人も目を傷つける原因に…

上手く使わないとダメージが多すぎるというイメージ。慣れたらメリットが大きくなるのですがそれまでが少し大変です。

メガネとコンタクトレンズのそれぞれにおすすめな人とは?

以上のメリット・デメリットを踏まえてどんな人にどっちが合っているのか。

<眼鏡をオススメな人>

 今まで裸眼で初めて矯正をする人

 目が疲れやすい、ドライアイになりやすい人

 パソコンによる作業やこまかい作業が多い人

<コンタクトレンズをオススメな人>

 スポーツをする人

 眼鏡の曇りや汚れが気になる人

 裸眼のイメージを変えたくない人

 ずぼらな人

 

自分の目が疲れやすいか、疲れてもケア出来る細かさが、自分にはあるかとうことが重要になってくると思います。

コンタクトレンズは使用を間違えば目自体に危険があるということを、忘れずに使用することが必要だからです。

自分の性格、自分の目の状態を良く考えて選択しましょう。

広告

まとめ

初めて矯正する人、コンタクトレンズにしようか迷っている人、参考になったでしょうか。

コンタクトレンズもソフトやハード、2週間タイプやずっと使い続けるもの、使い捨てのものなど様々でそれによって値段も大きく変わります。

試しに使い捨てからコンタクトレンズを使用してみるというのも、スタートとしてはいいかもしれません。

悩んだ時は販売店でとことん質問して、試してみることが一番です。

スポンサーリンク