ホワイトデーのお返しっていつから始まったのか?返すものに意味はあるの?

日本では当たり前のイベントのひとつ「ホワイトデー」

しかしこのイベント、海外では知られていない日本を中心としたアジアのみのイベントなのです。

そんな日本独特な風習のホワイトデー。

一体いつ頃から始まったのか?やっぱりお菓子メーカーが戦略として始めたのか?

バレンタインデーはなんとなく知っていても、ホワイトデーはイマイチわからないという方も

いるかもしれませんので、ちょっと調べてみました。

また、ホワイトデーにお返しするものに意味があるようですので、男性の方はちょっと知識をつけてお返しした方が、いいかもしれませんよ。

女性は意外と知っていますよ!


スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しっていつ頃から始まったのか?

ホワイトデーは日本が作り出したイベントです。

バレンタインは歴史上の出来事から始まりましたが、ホワイトデーは日本人の性格が生み出したと言ってもいいでしょう。

ホワイトデーの由来は諸説あり、どれが本当の始まりなのかはよく分かりません。

一応日付については、バレンタインの始まりであるバレンタイン司祭の死後一ヶ月に、死刑のきっかけとなった夫婦が改めて愛を誓い合ったという逸話から3月14日に制定されたとされています。


『全国飴菓子工業組合が仕掛けた』

全国飴菓子工業協同組合が、時間をかけてホワイトデーを作り出したという説です。

時間をかけた様子はホームページでも詳しく紹介されています。

ホワイトデーという呼び方も飴の材料である砂糖が白いから「ホワイトデー」なのだとか。


『福岡の石村萬盛堂が仕掛けた』

福岡の石村萬盛堂が白いマシュマロを、バレンタインのお返しとして売り始めたのが最初の説。

このお店から徐々に福岡の地域に広まり、日本に広まったとされています。

よく知られている説はこの2つです。

日本人は貰ったものにはお返しをするという性格から、このホワイトデーが始まったとされています。

また、バレンタインという女性から男性へ贈る日があるのに、男性から女性へ贈る日がないということも、ホワイトデーが始まった理由とも言われています。

どちらにせよ日本人の義理堅い性格がよく分かるイベントだということです。


ホワイトデーのお返しするものに意味があるのか?

ホワイトデーのお返しの定番と言えばお菓子でしょうか。

これらに意味があるのは知っていますか?

あるのは知っていても意味までは知らないという人も多いのでは?


『マシュマロ』

ホワイトデーの始まりとも言われているマシュマロ。

この意味が衝撃的…

「君のことが嫌いです」

マシュマロは口にいれた瞬間溶けてなくなることから愛情表現が出来ない、ふさわしくないということでこの意味がつけられたそうです。

逆に「純白な潔白な身で貴方を貴方の愛を包み込む」という意味を持っているという説も…

渡す時には一言加えてフォローを入れる必要があるかもしれませんね。


『クッキー』

クッキーは贈り物として一番無難なチョイスでよく選ばれます。

このクッキーの意味は

「君は友達」

意味も無難ですね。

クッキーの食感がサクッとしていることから、人間関係も恋愛のような深いものでなく友達のような気さくな関係を表しているそうです。本命にあげる時には一工夫必要?


『キャンディ』

キャンディはマシュマロと違い、口に入れても溶けるまでに長い時間が必要です。

そのことから人間関係も長い時間を一緒に、という意味となってキャンディには

「君が好き、大好き」

という意味が込められています。

まさに本命向きのお返しということ。

しかし既婚者に義理のお返しであげたら「貴方が大好きだから不倫しましょう」というお誘いになってしまうので要注意。

男性は深く意味を考えずに渡す人が多いですが、女性はそういう意味を興味本位で調べて覚えている人が結構いるので、気軽にあげると後々大変かも…

今年はあの人にはコレ、この人にはこっちと、ちょっと考える必要がありそうですね。


義理のお返しは何を渡す?

実際の所、職場などで渡される義理チョコに対して女性は「お返しは望んでいない」という声が多いです。

日頃の感謝や職場の他の女性に、合わせて渡しているということなのでしょう。

義理に対して高いものを返されるのも、翌年のバレンタインのハードルが上がる…と考えているのかもしれません。

しかしお返しは必須という女性がいるのも忘れずに。

要らないという人が多いが、要るという人がいるかもしれない。

それなら負担のかからない価格でさらっと渡すのが一番安全。

ホワイトデーの義理のお返しの相場は500円から1000円で、まわりの目があるところでさっと渡して終了です。

今は安くても見た目では値段が分からないものが多いので気を張る必要はありません。

贈り物の意味でいくと「クッキー」が一番無難ですが、ホワイトデーのお返しで一番の人気はチョコレートです。

その次がケーキです。

ちなみにこの2つの贈り物には意味は特にありません。女性は期間限定や店限定と「限定」があるものを贈られると嬉しいようです。


最後に

義理で貰ったものにお返しは必要?と思ってしまうかもしれませんが、それでも「お返しがある」人と「何もしない」人では女性からの印象は大きく異なります。

「返さなければいけない」という義務や決まりはありませんが、コミュニケーションのひとつとしてホワイトデーを考えると、気も楽に円滑な人間関係を築く手助けになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク