バレンタインデーにチョコ以外のプレゼントで男性が喜ぶのは?

バレンタインと言えばチョコレートですが、チョコレートなどの甘いものは苦手という男性は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

そうなると誕生日やクリスマスのプレゼント同様にチョコレート縛りを外れてその男性にあった、その男性が喜ぶプレゼントにしないとせっかくのバレンタインも霞んでしまいます。

そんな男性にどんなものを贈ったらいいのかを見ていきましょう。


スポンサーリンク

バレンタインデーにチョコ以外で喜ばれるランキング

貰って嬉しいものは女性と考えはそれ程違いません。


2位 小物・雑貨

上位に上がるものは大体「身につけられるもの、普段使うもの」です。

せっかく彼女から貰ったプレゼント、飾っておくだけなんて勿体ないですものね。

身につけ、使用して、それを見て彼女を想う。この辺の考え方は女性も同じですよね。

そのため仕事で使う「ネクタイ」や冬の防寒で必須の「マフラー」、普段でも使える「香水」なども小物がプレゼントされて嬉しい上位に入っています。

これは全て既製品で考えて、手づくりの物を貰うということが苦手と感じる男性が多いようです。彼と相談して、決めるのがいいかもしれませんね。

また小物でも最近では「スマートフォンケース」も喜ばれるプレゼントのようです。

スマートフォンが主流になってきていますが店先ではなかなか個性的なものは見つからないからこの機会にオリジナルのデザインや個性的なデザインをプレゼントするのもいいですね。

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%88%e2%91%a1


1位 食事やデートなどのプラン

そして、プレゼントでも一番喜ばれるのは「一緒に過ごす時間」だそうです。

ロマンチックですねー。

食事やデートなど、彼女と一緒に過ごしたという思い出が男性は嬉しいと感じるようです。

でもこれなら「このプレゼントは…」と思われる可能性も低く、普段行かないようなお店や行きたかったお店を予約してバレンタインを2人過ごすという2人で楽しめるイベントとなっていいですね。


チョコ以外で男性が喜ぶものは?

「お返しは3倍返し」なんて言葉、冗談といえども男性は貰ったものよりも高価なものを返さなければいけないという概念が固まってしまっている傾向にあります。

誕生日やクリスマスと違うのはここです。

男性にとってバレンタインは恋愛のイベントであっても、貰ったものに対して一月後にお返しを用意しなければならないイベントという考えがあるのです。

そのため『男性の負荷にならない価格』が重要になってきます。

ブランド物の財布やバッグはバレンタインのプレゼントとしてはあまり喜ばれないため、それ程値段のはらないちょっとした小物が喜ばれるプレゼントとしても上位になっているのでしょう。

ランキング外の喜ばれるプレゼントで今までとは変わったものがありましたので紹介します。

「男性用化粧品」です。これは驚きですが、最近は男性もネイルやエステなど前よりも気にする人が増えているため化粧品のプレゼントも喜ばれるようです。

もちろん普段から気になっている人であって、男性は誰でも必ず喜ぶというわけではないことが前提です。

化粧品といってもスキンケア用品も含まれるので洗顔グッズやヘアアイロンなどが主流です。

髭そりに使うシェービングアイテムならどんな男性でも使うのでプレゼントにいいかもしれませんね。

また成人された男性にはシャンパンや日本酒、ウイスキーなど「お酒」も喜ばれるようです。

食事同様、これなら彼の好みを知っていたら難なく用意することが出来ますし一緒に楽しむということも可能なのでいいですね。近場では購入できない取り寄せのお酒など用意するのも良いでしょう。

%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%88%e2%91%a2


チョコ以外の時の予算はいくらぐらい?

ちょっとしたプレゼントっていくら?と思われるでしょう。

確かに気は抜けないけれど、頑張り過ぎるのは良くないという加減は難しいです。チョコレート以外のバレンタインプレゼントの相場はこのようになっています。

 社会人 5000円~10000円

 学生  ~5000円

チョコレートと一緒に渡す時は社会人もプレゼントの価格は5000円を切って1000円~3000円のあたりが平均価格となっています。

このくらいの値段でしたら用意する方も、貰う方も負担にならずにバレンタインを楽しめると思いますね。

日頃のお礼もかねてもう少しお金をかけたいと思う人はやはり少し良いお店で食事…というプレゼントの方がいいでしょう。


最後に

9ec2fcc00e41dcf4fb42273e46f5cab6_s

「一緒に過ごす時間」が一番嬉しいというロマンチックな解答のように、「手紙」や「メッセージカード」も貰うと男性も嬉しいそうです。

今はメールなどで紙に残るような形で言葉を贈ることは少なくなっているかと思います。

機会が少なくなると手紙を渡すという行為がなんだか恥ずかしくてなかなか実行出来ない人も多いのでは?

こういうイベントだからこそ「バレンタインだから」という言い訳をつけてでも素直な気持ち、贈ってみるのもきっといい思い出になりますね。

スポンサーリンク