いいやま雪まつりの日程やアクセス方法

雪国での雪は本来辛いものであり、大雪の年は災害に繋がる事もあります。

1983年(昭和58年)に飯山市民が負担に感じている雪をどうにか資源として捉えられないかという思いから、始められたのが『いいやま雪まつり』です。

市民一体の雪まつりは、北陸新幹線「飯山駅」の開業で益々盛り上がりを見せています。

ここでは、雪像だけではなく様々に楽しいイベントが溢れる雪まつりをご紹介します。


スポンサーリンク

いいやま雪まつりの日程やアクセス方法

■第35回いいやま雪まつり

・開催場所/長野県飯山市 城北グラウンド周辺~市内全域

・開催期間/平成29年2月11日(土)~2月12日(日)

・開催時間/2月11日(土) 午前9:30~午後5:00

                   2月12日(日) 午前9:30~午後3:00

■アクセス

電車を利用の場合

・「東京駅」-北陸新幹線「飯山駅」

・「大阪駅」-北陸本線・湖西線特急サンダーバード「金沢駅」-北陸新幹線「飯山駅」

JR飯山駅よりメーン会場へのシャトルバス【飯山市街地周遊バス / 小学生以上200円、2日間乗り降り自由】を約30分間隔で運行します。

乗用車利用

・「練馬I.C」-関越自動車道「藤岡J.C.T」-上信越自動車道「佐久I.C」-上信越自動車道「更埴J.C.T」-「豊田飯山I.C」-国道117号「飯山」

・「西宮I.C」-名神高速道路「小牧J.C.T」-中央自動車道「岡谷J.C.T」-長野自動車道「更埴J.C.T」-上信越自動車道「豊田飯山I.C」-国道117号「飯山」

%e4%b8%8a%e8%b6%8a%e6%96%b0%e5%b9%b9%e7%b7%9a


いいやま雪まつりのイベント内容は?

雪まつりのメインである雪像は5部門に分かれ、初日のメインステージで表彰されます。

歴史ある行事も行われ、奈良澤地区に伝わる大天狗がメインステージの上で巨大な松明を振り回し舞う姿は幻想的です。

昼間のメインステージでも様々なイベントが行われ、ミュージカルやマジックショー、キャラクターショー、和太鼓の演奏、地元の保育園児のかわいらしいダンス等観光客と地元民が融合するイベントが満載です。

また、アクティビティ溢れる遊びも多く、タイヤチューブで滑り台を滑るスノースライダーや雪上でも乗れる自転車ファットバイクの試乗会等子供でも楽しめます。

2月11日の20時から雪中色彩花火という花火と雪景色が楽しめます。

グルメにも力を入れ、地元の食材を使った屋台も人気があります。次回のイベントも決まり次第詳細が発表される予定です。


近くの観光スポット

%e9%95%b7%e9%87%8e%e7%9c%8c%e9%9b%aa%e5%b1%b1

長野県と言えば軽井沢に代表される様に避暑地として知られていますが、冬はスキー等ウインタースポーツも盛んです。

飯山市付近は温泉地も多いので、雪まつりと一緒に温泉やスキーも楽しめます。

また、冬の間ですが長野県は寺社が多く、今はやりの御朱印集めも良いのではないでしょうか。他にも、国宝に指定されている雪景色の松本城も楽しめます。


まとめ

町を挙げての行事のため、細かなところまで気が行届いたお祭りになっています。

200円で2日間乗り放題のシャトルバスも運行されています。

また、同時開催されるかまくら祭りでは、地元の名物料理をかまくらの中で楽しむ事も出来ます。是非、雪まつりと一緒にお楽しみください。

スポンサーリンク