七草がゆを食べる意味は?七草とは何?

七草がゆを食べる意味をご存知ですか?

年末年始はついつい食べ過ぎてしまいますね。

年越しそばに、おせち、お雑煮…正月太りもいいところです。

正月が終わる日に食べる七草粥(ななくさがゆ)でちょーっと頑張りすぎた胃袋を労わるとしますか。


スポンサーリンク

七草粥とは

七草粥は正月行事として知られていますが、実はそうではないのはご存知でしたか。

本来は人日の節句の行事で五節句のひとつなのです。

五節句というのは「人日(1/7)上巳(3/3)端午(5/5)七夕(7/7)重陽(9/9)」の5つで季節ごとの食べ物を神様に備えて、節目を祝う儀式のことです。

今は順に、七草・桃・菖蒲・七夕・菊の節句として身近なものになっています。

1月7日が松の内の最終日ということもあり、正月行事として今は広く知られています。

%e4%b8%83%e8%8d%89%e3%81%8b%e3%82%99%e3%82%86%e2%91%a3


七草粥を食べる意味は

七草粥に使われるいわゆる「春の七草」を紹介します。

①セリ    解熱・健胃効果があり、競り勝つという意味

②ゴギョウ  咳に効果があり、仏体という意味

③ハコベラ  歯槽膿漏に効果があり、繁栄がつづくという意味

④スズナ   カブの事で利尿効果、仏を呼ぶ鈴という意味

⑤スズシロ  大根の事で食欲増進効果、汚れの無い白という意味

⑥ナズナ   ぺんぺん草、利用や便秘の効果があり、撫でて汚れを取り除く意味

⑦ホトケノザ シソ科で解熱・解毒の効果、名前から仏の座という意味

それぞれ体にいい効果があり、またひとつひとつに意味もあります。

これらを食することで「無病息災、健康来福」とし、1年病気も怪我もせずに健康に過ごせるという願掛けになるんです。

%e4%b8%83%e8%8d%89%e3%81%8b%e3%82%99%e3%82%86%e2%91%a0


七草粥の由来は

七草粥の始まりは室町時代の汁物と言われています。

日本には雪の中から芽吹く草を積み、自然界からの新しい生命力をいただく風習がありました

そして中国には7日の人日の日を人の日として「人に罰を与えず、人を殺めず、健康を祈る」日とし、7種類の野菜を入れた汁物を食べて無病息災を祈る風習がありました。

その中国の風習が日本に伝来し、もともとあった風習と掛け合わさり「七草粥」という1月7日の松の内最終日に粥を食べるという風習が生まれました。


七草粥の作り方

1月6日に七草を収穫し、その夜に細かく叩く。それを7日の朝に粥に入れて食べるというのが昔ながらの七草粥の風習です。

でも、今は収穫とかせずにスーパーでも一式で売られているのでお手軽ですよね。

さて、七草が揃ったら調理です。


  1. 七草を洗って熱湯で2~3分ほどゆでて細かく刻む
  2. ご飯と水を火にかけ沸騰させる
  3. ②に塩を軽く入れ混ぜたら蓋をし、弱火で20分
  4. 味見をして柔らかさなどを確認したら七草をいれて5分煮る
  5. 完成

基本の手順をとても簡単に書きましたが分かりやすい動画を見つけたので貼りますね

【【お粥レシピ】七草粥の作り方♪How to Make】


ちなみに地方によって粥だったり、汁物だったり和え物だったりと違いがあり、七草が集まらないときはありあわせの青菜を使ったり七種の野菜を使えばOKだったりと違うはあるようです。


最後に

%e4%b8%83%e8%8d%89%e3%81%8b%e3%82%99%e3%82%86%e2%91%a1

実は正月行事ではない。というのは驚きましたが正月に使いすぎた胃腸を休めるには抜群にいい食べ物ですよね、七草粥。

シンプルながら効能がたくさん、体も温まり願掛けにもある、一役で三役にもなりますよ!

さらにおいしいとか。もう至れり尽くせり。

だからきっと今の時代でも、スーパーでも売られるほどご自宅で作る家庭が多いんでしょうね。

スポンサーリンク