ボジョレーヌーヴォーの値段はいくら?フランスの値段は?

知っておきたい「ボジョレーヌーヴォー」の豆知識

毎年世間を賑わす「ボジョレーヌーヴォー」の解禁日。

本場フランスではどれくらいの値段で買えるの?

日本の「ボジョレーヌーヴォー」は高い?安い?

知っておきたい「ボジョレーヌーヴォー」の価格知識にせまります。


スポンサーリンク

「ボジョレーヌーヴォー」っていくらぐらいなの?

日本で提供される「ボジョレーヌーヴォー」の価格は、安全で早い輸入ルートや卸業者をしっかりと挟んでいることもあり大体2000円前後が定番となっています。

卸業者を省くルートを持っていたり、時期を外すと500円程度で買える物も出てきましたが、安いから美味しくないというわけでもないようなので、賢い買い物がしたいですね。


「ボジョレー」の地元フランス地方での価格が気になる

wine-624307_960_720

地元フランスで日常的に住民に愛されている「ボジョレーヌーヴォー」は、1本で約3ユーロ~5ユーロだということです。高いものでも8ユーロ程度、日本円にすると500円~900円程度といったところでしょうか。

解禁時期に現地に行くと無料で提供されるところもあるそうですよ。

まさに地酒として、買いやすい値段で地元の人も愛飲しているワインなのですね。

あれっ?と思いませんでしたか?

日本ではかなり高い金額で売られていますよね。

関連記事:

ボジョレーヌーヴォーにはどんな種類があるのか?

ボジョレーヌーヴォーの葡萄「ガメイ種」とは?

ボジョレーヌーヴォーの保存方法と賞味期限について

ボジョレーヌーヴォーの解禁はいつ?意味は?

日本での価格が高いのはどうして?

輸入品は現地品よりも高く売られるのは周知の事実ですが、ボジョレーに関しては解禁日が決まっており、その前後が販売時期のねらい目になっています。

日本は時差の関係で、解禁日から一番早い時期に「ボジョレーヌーヴォー」が飲める国なので、解禁日から近く一番新鮮なうちに提供するため空輸ルートが選ばれることが多いです。

そのため、高価な空輸代、輸入関税、酒税、さらに輸入会社、卸売会社、小売店のマージンを合わせるとその位の金額になってしまうのです。

解禁日にこだわらず、少し時期を待てば船便を使った安価な「ボジョレーヌーヴォー」が手に入るようですし、コンビニなどで安く手に入ることも多くなりました。

安価だから美味しくないというわけでもないようです。

自宅で一人ワインを楽しむとき、友人とパーティーを開くとき、レストランで美味しいお料理と一緒に、シーンに応じてチョイスすることも大切ですね。

2b32924e4c5f333ba8b003364550de04_s


最後に

いかがでしたでしょうか?

「ボジョレーヌーヴォー」についての知識は深まったでしょうか?

上手に美味しい「ボジョレーヌーヴォー」を探して、世界のお祭りを楽しめるといいですね。

解禁日は少しおしゃれして、美味しい料理とボジョレーを楽しむべく、街に繰り出してみてはいかがでしょうか?

ボジョレーヌーヴォーの解説を40秒でしてます。

スポンサーリンク